難関試験になるほど暗記では対応できない、そのワケと対応策 | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

難関試験になるほど暗記では対応できない、そのワケと対応策

難関試験になるほど暗記では対応できない、そのワケと対応策

合格率が高い通信教育を提供するフォーサイトでは、メルマガに登録するだけで、効率的な学習方法や資格試験の攻略のコツなど、誰もが参考になるノウハウを届けてくれます。
少しでも資格取得に興味がある方、フォーサイトが気になっている方は、ぜひチェックしてみてください。無料で登録でき、お得なキャンペーンの情報も届きますので損はしないと思います。

そんなフォーサイトから学んだ数ある役立つ情報を、少しずつご紹介していきます。今回のテーマは「難関試験になるほど、暗記では対応できない」です。

フォーサイトのメルマガの登録はこちら ≫

スポンサーリンク

広告

【資格合格コラム】難関試験になるほど、暗記では対応できない

難関試験になるほど暗記では対応できない、そのワケと対応策

「難関試験になるほど、暗記では対応できない」とよく言われますが、これは「暗記しなくてもよい」というわけではありません。覚えていること(暗記していること)が前提、ということです。

ただ、膨大な知識を丸暗記するのは現実的ではありません。時間もかかります。しかも、暗記しただけでは知識の広がりがなく、同じことを問われていても、問われ方が違うと対応できません。

働きながら、または通学しながら資格を目指す方にとって、なんとか効率よく覚えて、覚えた知識を定着させたいというのは切実な悩みだと思います。時間がない中で、どのようにしたら効率よく覚えられるでしょうか。

スポンサーリンク

広告

「手を動かす前に、目と口を動かす」

これがコツです。資格試験は、漢字の書き取りや英単語の試験とは違うため、単語だけ覚えていてもほとんど得点には結び付きません。単語を覚えるのであれば、手を動かしてひたすら書くのはスタンダードな覚え方です。高校受験や大学受験の時によく実施したと思います。

そのため「覚える」と言われると、ひたすら書くことを想像する方が多いのですが、資格試験を対象にした覚え方にシフトした方が良いです。

資格試験であれば、その言葉(単語)・その意味・主体・客体・効果・そして原則と例外という内容を覚える必要があります。ここで、それぞれをテキストから探してひたすら書く、という勉強法はかなり時間がかかります。

しかも、初学者の場合はとにかく書き写したり、ひたすら繰り返し書いたり、という体力勝負になりがちです。これではあまり意味がありません。それよりもテキストを目で読み、その時、その意味・主体・客体・効果、そして原則と例外を意識して読み進めます。

そして、次に声に出して言ってみる。これなら書く時間に比べて1/3ぐらいに短縮できます。目で追って、次にテキストを伏せて、声に出して言ってみる。意外と難しい作業です。理由は自分では読んでいるつもりでも、実際は文字を追っているだけで、頭に入っていないからです。

頭に入っていないと、声に出して言うことはできません。次に、言えるようになったら、原則と例外の違いを自分なりにまとめて言ってみる。こうやって訓練を重ねていくと、一つの知識が複数の知識になって、関連する事項を覚えやすくなります。

そこまでできたら、初めて字数制限に合わせて書いたり、漢字を間違えずに書いたりする方に気を使っても、遅くはありません。「ひたすら書く」という勉強方法でいつも時間切れになっている方は、ぜひ試してみてください。

フォーサイトのおすすめ情報

現在フォーサイトでは、通信講座をお得に申し込みができる割引キャンペーンを実施中です。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)・社会保険労務士などの人気資格講座が最大57,600円引きで受講できます。この機会をお見逃しなく!

キャンペーンの詳細はこちら ≫

 - フォーサイト ,