アルクのNAFL日本語教師養成プログラムが開講30周年キャンペーンを実施 | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

アルクのNAFL日本語教師養成プログラムが開講30周年キャンペーンを実施

資格ニュース

さまざまな日本語事業を展開するアルクが、1987年に開講した「NAFL日本語教師養成プログラム」(以下NAFL)は、累計受講者数が8万人を突破した日本語教師を目指す方々のための通信講座です。そのNAFLが2017年、開講30周年を迎えました。
NAFL開講当時は約100万人だった国内外の日本語学習者数は、現在400万人に迫る人数となり、日本語教師の需要はますます増加しています。

スポンサーリンク

広告

注目の通信講座!NAFLの活躍の場は拡大するばかり

アルクのNAFL日本語教師養成プログラムが開講30周年キャンペーンを実施

NAFL修了者が日本語を教えてきた場所は、日本各地はもとより世界に広がっています。シンガポールの日本語学校、ウズベキスタンやモンゴル、中国などの大学、インターナショナルスクールや小中学校、専門学校、病院など活躍の場所はますます広がるばかり。アルクが今年4月に実施したNAFL修了者を対象としたアンケートによると、日本語学校、地域の日本語教室(ボランティア)が上位を占めましたが、企業、公立の小中学校、個人レッスン、国内外の大学なども目立ちました。
2008年に経済連携協定(EPA)に基づく外国人看護師・介護福祉士候補者の受け入れが開始いたしましたが、病院などでこうした看護師・介護福祉士候補者に教えている人もいます。NAFL修了者はそのときどきの日本語のニーズに応えるべく、さまざまなところで活躍しています。日本と世界をつなぐ日本語教育に関わる人、関わりたい人をアルクは応援し続けています。

スポンサーリンク

広告

NAFL日本語教師養成プログラムの特長

そもそも通信講座は、日本語教師になるための学習法として、通学に比べて費用が安く、自分の好きなタイミングでいつでも学習可能です。その中でもNAFLは30年という長い歴史と、日本語教育業界をリードする一流講師が監修した豊富な教材、日本語教師の登竜門「日本語教育能力検定試験」の出題範囲を網羅している内容などが評価され多くの方に選ばれています。また、検定試験の合格率が20%前後の中、NAFL修了生の合格率は57.4%で平均の2.5倍近い合格率を誇ります。

アルクでは日本語を学ぶ方のために、学習書や教科書の開発を続けています。また、急増する外国人労働者の日本語運用力向上に対するニーズを受けて、会話力テストやオンラインレッスンも展開しています。

【1】日本語学習者の会話力を測る「JSST」
「いつでも、どこでも、気軽に、かつ正確に日本語の会話力を測りたい」という企業の要望により開発された、電話で手軽に受験できる日本語の会話力テストです。従来の筆記型試験では測れない「その場面において必要とされている日本語を話す力」を客観的に測定することができ、日本国内外問わず24時間いつでも受験できます。

【2】アルクオンライン日本語スクール
インターネット上で、日本人の日本語講師が外国人日本語学習者に個別指導するオンライン日本語レッスンサービスです。日本語学習者、外国人ビジネスパーソンが増加する中、日本への留学経験がない、もしくは日本語学習経験の浅い外国人材の日本語能力向上が大きな課題となっています。企業が求めている日本語の知識・運用力を分析し、ニーズに応えるために開発されたコースが多数用意されています。

開講30周年キャンペーン!

「NAFL日本語教師養成プログラム」開講30周年を記念して、期間中に案内資料を請求された方全員に、特典をプレゼントするキャンペーンを実施中です。
※当キャンペーンは海外発送対象外です。

●キャンペーン期間:2017年7月18日まで
●キャンペーン特典:
【特典1】抽選で30,000円分または3,000円分の割引クーポンをプレゼント
【特典2】資料請求した方全員に「日本語教育能力検定試験 必勝 虎の巻」PDFデータをプレゼント

講座情報

●タイトル:NAFL日本語教師養成プログラム
●URL:http://ec.alc.co.jp/course/n1/
●価格:101,520円(税込)
●付属商品:テキスト24冊、CD7枚、日本語教育実習 付属DVD1枚、重要キーワード集300、試験対策問題集(CD付)模擬テスト1回分(CD、解答と解説付き)コースガイド

NAFL日本語教師養成プログラム通信講座の詳細はこちら ≫

 - 資格ニュース , ,