【資格ニュース】資格スクエア|公認会計士講座 新規開講のご紹介(2016年2月24日号) | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

【資格ニュース】資格スクエア|公認会計士講座 新規開講のご紹介(2016年2月24日号)

資格ニュース

【資格ニュース】資格スクエア|公認会計士講座 新規開講のご紹介

法律資格の最高峰、司法試験対策講座で圧倒的な支持を受ける資格スクエアが、会計資格の最高峰、公認会計士試験対策講座をリリースしました。超難関国家資格の双璧を取り扱うのは、資格試験対策のマーケットとしては、実質的に資格スクエアが初となります。

司法試験対策講座で培ったノウハウを公認会計士試験対策講座にも展開し、これまでは受講リスクが高すぎたことにより、チャレンジしたくてもできなかった方々の受験機会を創出し、キャリア支援をより一層充実させます。昇り龍の資格スクエアだからできる、これまでできなかったサービスへのチャレンジです。

東京CPA会計学院と資格スクエアの強みを生かした講座

開講にあたっては、高い合格実績を誇る東京CPA会計学院と提携し、相互に強みを出し合って、これまでにない新しい試験対策のカタチを提唱します。東京CPA会計学院が提供するのは、最高水準の教材・講義。資格スクエアが提供するのは、利便性と効率性、そして、受講生サポートです。

これによりインプット(習得)をできるだけ圧縮して、持ち時間をなるべくアウトプット(演習)に振り向けるようにし、効率的に合格することが狙いとなっています。

これまでは、受講するにあたって受講期間2年間・受講料70万円、そして、その他の多額の諸費用を覚悟しなければならず、受講リスクがあまりにも高すぎました。資格スクエアでは、まずコース設定を段階的にすることにより、受講リスクを大幅に低減させます。

「短答input、短答output、論文input、論文output」これで一つずつクリアして先に進むことができますので、受講生にとってはとても安心です。

資格スクエアはチャレンジャーの最初の一歩を後押ししますので、イチオシするのは入口の短答input、その名も「財管監企500」。これは、短答式試験と論文式試験の両方で出題される基幹科目、財務会計論、管理会計論、監査論、企業法の頭文字をとって、かつ、インプットが約500時間ということを表しています。

この「財管監企500」の通常受講料は180,000円とかなり低く抑えられているのですが、今回、公認会計士講座のデビューキャンペーンとして、なんと20,000円OFFの160,000円で提供!

ただし、高合格率40.7%(約41%)にちなんで、41名様だけがチャンスを掴める特別企画。締切必至の早い者勝ちなので、公認会計士試験にチャレンジしようかどうか悩んでいる方はすぐに行動に移しましょう。

公認会計士講座の詳細はこちら ≫ “公認会計士講座の詳細はこちら”

 - 資格ニュース ,