ダブルライセンス・資格の組み合わせおすすめランキング | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

ダブルライセンス・資格の組み合わせおすすめランキング

ダブルライセンス・資格の組み合わせおすすめランキング

複数の資格(ダブルライセンス)を取得することで、資格の強みに相乗効果が生まれ、他の人との差別化が図れるようになります。資格のメリットが広がる複数資格を取得する方は年々増えています。

例えば、宅地建物取引士(宅建士)を取得すると不動産取引において重要な役割を担えるようになりますが、ファイナンシャルプランナー(FP)資格を加えると、資金面についての助言もできるようになります。

一方、宅建士にプラスして行政書士の資格を取得した場合、行政書士の業務の中には、農地法の許可や開発行為の許可申請といった不動産取引に関わる書類作成の依頼が多いため、その分野に特化して独立・開業につなげることができます。

複数の資格を取得するうえで大切なことは、間を空けずに資格取得の勉強をすることです。間隔が短いほど学習リズムがつかみやすく、また類似資格は試験範囲の重なりも多いため、効率的に学習を進めることができます。

そこで今回は、個性やスキルが急拡大するダブルライセンス・資格の組み合わせをランキング形式でご紹介します。

スポンサーリンク

広告

「オリジナルの強み」が魅力。ダブルライセンス・資格の組み合わせランキング!

ダブルライセンス・資格の組み合わせおすすめランキング

【10位】宅地建物取引士(宅建士)×福祉住環境コーディネーター

高齢化が進む今、バリアフリーへの改修案件も増加傾向です。高まるニーズに的確に対応できる資格の組み合わせです。福祉・医療関係から建築・住宅業界まで、幅広い分野・業界で活躍することができます。身につけた知識は、家族の将来に備えた住宅リフォームや、ボランティア活動の際に役立つのも魅力です。

宅地建物取引士(宅建士)資格の詳細はこちら ≫
福祉住環境コーディネーター資格の詳細はこちら ≫

【9位】宅地建物取引士(宅建士)×測量士補

建築・不動産業界で、現場でも営業でも強みが増す資格の組み合わせです。測量士補には国や地方公共団体が行う道路工事や地図作成など、公共事業に関する仕事が多いため、安定したニーズが期待できます。測量業界は技術革新が目覚ましく、注目度も年々向上しており、受験者数も増加傾向です。

宅地建物取引士(宅建士)資格の詳細はこちら ≫
測量士補資格の詳細はこちら ≫

【8位】ファイナンシャルプランナー(FP)×行政書士

法的問題から資産設計まで、顧客ニーズに幅広く対応できる資格の組み合わせです。法的相談や手続きを通して、一市民の日常生活から起業家の経営に至るまで、市民の生活がスムーズになる手助けができる資格です。身近な街の法律家として、社会に貢献できます。

ファイナンシャルプランナー(FP)資格の詳細はこちら ≫
行政書士資格の詳細はこちら ≫

【7位】宅地建物取引士(宅建士)×マンション管理士

不動産業界での就職、転職に大変有利な資格の組み合わせです。マンションの総戸数は600万戸、居住者は1,500万人を超え、国民の10人に1人がマンション住まいとなり、永住意識も高まる昨今、この資格への需要はさらに高まること間違いなし。現在マンションに住んでいる方、マンションの購入を検討されている方にもおすすめの資格です。

宅地建物取引士(宅建士)資格の詳細はこちら ≫
マンション管理士資格の詳細はこちら ≫

【6位】社会保険労務士×行政書士

法務・人事・労務、あらゆる方面に強いエキスパート資格です。経営者に代って届書を作成し、行政機関への提出・事務代理を行う業務や、企業の就業規則の作成や人事制度など、幅広い相談を受けるコンサルティング業務などの「独占業務」を行うことができます。

社会保険労務士(社労士)通信講座の詳細はこちら ≫
行政書士資格の詳細はこちら ≫

スポンサーリンク

広告

【5位】ファイナンシャルプランナー(FP)×社会保険労務士

年金問題、将来設計に不安を抱く方が多い昨今、ニーズ大の組み合わせ資格です。開業社会保険労務士として独立したり、勤務社会保険労務士として、企業の中で活躍することができます。また、学んだ年金や保険についての知識は、ご自身の生活や将来のライフプラン設計に役立ちます。

ファイナンシャルプランナー(FP)資格の詳細はこちら ≫
社会保険労務士(社労士)通信講座の詳細はこちら ≫

【4位】簿記×ファイナンシャルプランナー(FP)

財務会計・資産設計の両方に長けた、まさに「マネーのプロ」になれる資格の組み合わせです。目的、家族構成に応じて適切な保険の選定・見直しができるようになったり、金融商品・外国為替など、資産運用の特長や投資リスクを軽減するスキルが身についたりする資格です。

簿記資格の詳細はこちら ≫
ファイナンシャルプランナー(FP)資格の詳細はこちら ≫

【3位】簿記×宅地建物取引士(宅建士)

就職、転職、独立にも強い組み合わせ資格です。未経験者でも資格があれば、採用選考で有利になることが多いです。資格を取得することで付加価値がアップし、社内の評価も向上します。

簿記資格の詳細はこちら ≫
宅地建物取引士(宅建士)資格の詳細はこちら ≫

【2位】宅地建物取引士(宅建士)×行政書士

行政法・民法など重なる試験範囲が多く、活用度大の強力コンビ資格です。書類選考や面接で有利になりますので、転職活動でライバルに差をつけることができます。また、自宅を事務所に構えることもできますので、比較的資金が掛からずに独立・開業することもできます。活躍次第では、高収入も期待できます。

宅地建物取引士(宅建士)資格の詳細はこちら ≫
行政書士資格の詳細はこちら ≫

【1位】ファイナンシャルプランナー(FP)×宅地建物取引士(宅建士)

不動産業界・金融業界で引っ張りだこになれる、人気の資格の組み合わせです。企業内ファイナンシャルプランナーではなく、独立系ファイナンシャルプランナーとして、独立・開業をすることも可能です。また、身につけた知識は自分の人生設計に即役立つものばかりで、家族の暮らしを豊かにしてくれます。

ファイナンシャルプランナー(FP)資格の詳細はこちら ≫ 宅地建物取引士(宅建士)資格の詳細はこちら ≫

おすすめ情報

ユーキャンの通信講座は、楽天市場・Yahoo!ショッピングで購入できます。各種ポイントが獲得できるのでお得です。

ユーキャン 楽天市場店はこちら ≫
ユーキャン Yahoo!ショッピング店はこちら ≫

 - 特集記事 , , , ,