就職・転職・再就職に「強くて有利」なおすすめ資格とは? | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

就職・転職・再就職に「強くて有利」なおすすめ資格とは?

就職・転職・再就職に「強くて有利」なオススメ資格とは?

就職試験の際、短い面接時間の中で仕事へのやる気をアピールするのは難しいもの。資格があれば、「戦力であること」「仕事に向けて努力している事実」を客観的に証明できます。

今回は就職・転職・再就職に「強くて有利」な資格として、

●「時代に求められている!」企業のニーズが高い資格
●「結婚・出産後、もう一度働きたい!」再就職に有利な資格
●「目指せ、一国一城の主!」独立・開業に有利な資格
●「幅広い会社・部署で役立つ!」学生さんにオススメの資格

の4つの切り口からオススメ資格をご紹介いたします。

スポンサーリンク

広告

就職・転職・再就職の武器になる資格を取得しよう!

「時代に求められている!」企業のニーズが高い資格

就職・転職・再就職に「強くて有利」なオススメ資格とは?

ファイナンシャルプランナー(FP)

FPの知識が求められる業界は、金融・不動産・保険・住宅メーカーなどさまざま。その他、人事や総務部門での活躍が可能です。入社後FP資格の取得を推奨する企業も多いため、入社前に取っておくことでアピールにつながります。
ファイナンシャルプランナー(FP)資格の詳細はこちら ≫ファイナンシャルプランナー(FP)資格の詳細はこちら ≫

社会保険労務士(社労士)

少子高齢化、年金・介護保険制度の不安などから社会的ニーズがあり、企業から評価される資格。有資格者は就職・転職の際に有利に働き、企業の人事・総務部などで活躍することができます。
社会保険労務士(社労士)資格の詳細はこちら ≫社会保険労務士(社労士)資格の詳細はこちら ≫

宅地建物取引士(宅建士)

「独占業務があり、有資格者なしには不動産業を営むことができない。」「不動産取引を行う事務所は5人に1人以上の割合で有資格者を置くことが義務づけられる」などの理由から、未経験でも資格があれば採用選考で有利になる上、資格手当が支給されることも。
宅地建物取引士(宅建士)資格の詳細はこちら ≫宅地建物取引士(宅建士)資格の詳細はこちら ≫

管理業務主任者

マンション管理業者は、法律により、事務所ごとに一定数の「管理業務主任者」を設置することが義務付けられています。そのため管理業務主任者の資格を取れば即戦力とみなされ、就職・転職の武器になります。
管理業務主任者資格の詳細はこちら ≫管理業務主任者資格の詳細はこちら ≫

スポンサーリンク

広告

「結婚・出産後、もう一度働きたい!」再就職に有利な資格

就職・転職・再就職に「強くて有利」なオススメ資格とは?

医療事務

診療費の計算や受付など、病院のさまざまな場所で活躍する医療事務は、病院にとって欠かせない存在。病院の数はコンビニエンスストアの2倍以上とも言われていて、就職しやすいのが魅力です。
医療事務資格の詳細はこちら ≫医療事務資格の詳細はこちら ≫

調剤薬局事務

正社員・パート社員など、勤務形態が選びやすく、ライフスタイルに合わせて働けるため、家事と仕事を両立させたい方にオススメです。調剤薬局は全国にあるので、おうちの近所で職場が見つけやすいのもうれしいポイント。
調剤薬局事務資格の詳細はこちら ≫調剤薬局事務資格の詳細はこちら ≫

介護事務

超高齢社会の中でニーズの高まる専門技能。介護に興味のある方はもちろん、年齢に左右されず働きたい方、ライフスタイルに合わせて働きたい方にもオススメです。
介護事務資格の詳細はこちら ≫介護事務資格の詳細はこちら ≫

登録販売者

薬剤師に次ぐ医薬品の専門家として注目の資格。有資格者がいれば一般医薬品の大多数を占める第2類・第3類医薬品の販売が可能になるため、就職・転職に強く、資格手当や昇任・昇給も期待できます。
登録販売者資格の詳細はこちら ≫登録販売者資格の詳細はこちら ≫

医師事務アシスタント(医師事務作業補助者)

忙しい医師の代わりに、診断書やカルテを作成するお仕事。給与水準も、常勤であれば月24万円程度(※)と比較的高めです。有資格者が少ない今が狙い目です。
※厚生労働省による「病院勤務医の負担軽減の実態調査報告書」(平成20年度調査)より。235施設の平均値。
医師事務作業補助者資格の詳細はこちら ≫医師事務作業補助者資格の詳細はこちら ≫

「目指せ、一国一城の主!」独立・開業に有利な資格

就職・転職・再就職に「強くて有利」なオススメ資格とは?

行政書士

“身近な法律の専門家”として、個人や商店、企業などと官公署をつなぐ役割を担います。法改正で職域が広がり、業務の幅がますます拡大。自宅に事務所を構えることもできますので、比較的少ない資本で独立開業も可能です。
行政書士資格の詳細はこちら ≫行政書士資格の詳細はこちら ≫

中小企業診断士

経営コンサルタントとして唯一の国家資格。社会的な評価が高く、企業が主催する社内研修やセミナー、講演会などで講師として活動が行えます。企業数に対し、有資格者の数が圧倒的に少ないため、ニーズが高い資格です。
中小企業診断士資格の詳細はこちら ≫中小企業診断士資格の詳細はこちら ≫

司法書士

不動産・会社登記手続の代理を中心とした法律のコンサルタント。景気に左右されにくく、ニーズの安定した社会的評価・貢献度の高い国家資格です。難関資格ですが、それに見合った地位と収入が期待できます。
司法書士資格の詳細はこちら ≫司法書士資格の詳細はこちら ≫

「幅広い会社・部署で役立つ!」学生さんにオススメの資格

就職・転職・再就職に「強くて有利」なオススメ資格とは?

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

どの仕事でも、パソコンと向き合う時間が長い時代。でも「パソコンを使えます!」とアピールしても、面接官にはなかなか伝わりません。そこで便利なのがスキルを証明する資格。MOSは新人研修で奨励している企業も多いため、信頼性は十分です。
マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)資格の詳細はこちら ≫マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)資格の詳細はこちら ≫

ビジネス実務法務検定

業務における法的リスクを察知し、問題を解決に導くコンプライアンス能力は、今や全てのビジネスパーソンにとって必要不可欠。製造・サービス・金融・不動産…どんな業界でも役立つ、取っておいて損のない資格です。
ビジネス実務法務検定資格の詳細はこちら ≫ビジネス実務法務検定資格の詳細はこちら ≫

秘書検定

「履歴書に書ける資格が欲しい!」「就活って何から始めたらいいの?」そんなあなたにオススメです。秘書検定は社会的にも知名度バツグンの資格で、企業からも好評価!
秘書検定資格の詳細はこちら ≫秘書検定資格の詳細はこちら ≫

ITパスポート

ITのみならず、日常業務の基礎となる知識が広く学べる資格。会社が社員に求める知識を得られる資格であることから、国や地方自治体、民間企業など、多くの団体で取得を推奨されています。
ITパスポート資格の詳細はこちら ≫ITパスポート資格の詳細はこちら ≫

知的財産管理技能士

多くの企業が取得を奨励している今、資格があればアピール効果大。知財部などの専門部署だけではなく、広告制作・ブランド戦略・マーケティング・営業・研究開発といった、あらゆる職種で役に立つ資格です。
知的財産管理技能検定資格の詳細はこちら ≫知的財産管理技能検定資格の詳細はこちら ≫

 - 特集記事 , ,