有望資格厳選!将来性が高い・需要がある資格10選 | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

有望資格厳選!将来性が高い・需要がある資格10選

有望資格厳選!将来性が高い・需要がある資格10選

資格を目指すなら、不況に強くて、将来性があり、需要の拡大が期待できる資格が良い!という方は多いと思います。有望な資格を持っていれば、万が一、今の職業の業界が衰退したり、会社が傾いたり、人員削減があったりしても、すぐに新しい仕事に移れる可能性は高くなります。
そこで今回は将来性が高く需要も見込める資格10種類をご紹介します。

スポンサーリンク

広告

公務員資格

有望資格厳選!将来性が高い・需要がある資格10選

人や地域のために働く、やりがいのある仕事

公務員には国家公務員と地方公務員があり、国民や住民がより快適に暮らせる環境を整備するのが公務員の仕事です。国家公務員は国の政策企画・立案、法の制定・改正、予算編成、各種審議会の運営などに携わり、国の舵取り役として活躍します。
一方、地方公務員は住民の声が届きやすいところで、地域の実情に適した行政サービスを提供でき、自らの仕事の成果がわかりやすく、さまざまな分野で仕事をすることができます。

社会人経験者の採用試験を実施する自治体が増加

最近、民間企業で一定期間以上の勤務経験がある人を募集する「経験者採用試験」を実施する自治体が増加しています。経験者採用試験の場合、受験資格を職務経験5年以上で、年齢は35歳もしくは39歳までとしているところが多く、中には59歳まで受験可能な自治体も存在します。試験内容も従来の択一式試験の他に、「経験論文」や「勤務経験に関する面接」が増えています。

併願受験でチャンスが拡大!

公務員試験では、試験日が異なればいくつでも受験ができます。また試験科目の多くは、ほとんどの公務員試験で共通しているという特徴があり、主要な試験科目についてしっかり学習すれば、多くの公務員試験を併願してチャンスを拡大させることができます。

公務員資格の詳細はこちら ≫

消防官・警察官資格

有望資格厳選!将来性が高い・需要がある資格10選

【消防官】火災消火から救急活動まで、住民の安心・安全を守る

消防官は消火活動のほか、人命救助活動、火災予防活動、救急活動や災害に対する防災活動など、住民の生命・財産を守る重要な活用を担います。特に都市部では、建物の用途の多様化や大規模化、社会の国際化の高度情報化など、必要とされる専門知識や技術は高度になり、専門的な研修・厳しい訓練を受けた特別救助隊や大型重機を備えたハイパーレスキュー隊が活躍しています。

【警察官】地域安全のために働く

警察官の仕事は大きく地域警察、刑事警察、生活安全警察、警備警察、交通警察に分けることができます。特に科学捜査の発達や国際的犯罪の増加、事件の凶悪化により、高度な専門知識と責任感のある人材のニーズが高まっています。また、女性警察官の場合、女性犯罪の捜査や少年補導、防犯活動、警察広報活動など女性ならではの特色を活かして多方面で活躍することもできます。

併願受験でチャンスが拡大!

消防官・警察官採用試験は、試験日が異なればいくつでも受験することができます。また、消防官と警察官の併願も可能です。教養試験・論作文・面接試験の対策を十分に行えば、併願のチャンスをしっかり活かせます。

消防官・警察官資格の詳細はこちら ≫

スポンサーリンク

広告

宅地建物取引士(宅建士)資格

有望資格厳選!将来性が高い・需要がある資格10選

幅広い業界で有利な資格

宅地建物取引士(宅建士)は、不動産に関する法律知識を持った「不動産取引の専門家」で、不動産業を営む事務所では、従業員5人につき1人以上の割合で宅地建物取引士を配置することが義務付けられています。そのため、不動産業界では必須といえる資格です。
また、20万人以上にのぼる受験申込者のうち、不動産業に従事する方以外の割合が約70%というデータが示すように、その活躍の場は不動産業界に留まりません。顧客の資産設計を行う生保業界や、融資を行う際の担保として不動産を扱う銀行等の金融機関、店舗の立地が重要な経営戦略となる小売業や外食産業などでも、宅地建物取引士は必要とされています。

他資格との関連性が高い

宅地建物取引士の資格取得のメリットとして、他の資格試験に挑戦する際の基礎学習となることが挙げられます。宅地建物取引士で学ぶ「民法」や「税法」などの幅広い法令の知識は、他の資格試験にチャレンジする場合にもおおいに役立ちます。
司法書士、行政書士、ファイナンシャルプランナー(FP)として独立・開業する方の中にも、まずは宅地建物取引士から資格を取得したという方も少なくありません。その意味では宅地建物取引士は、法律系の難関資格を取得するための登竜門としても多くの注目を集めています。

宅地建物取引士(宅建士)資格の詳細はこちら ≫

社会保険労務士(社労士)資格

有望資格厳選!将来性が高い・需要がある資格10選

企業体制の変革に伴い、その役割は一層重要に

社会保険労務士は、従業員の健康保険や年金に関する書類作成や、事業主の手続きの代行、就業規則の作成などの労務管理全般の指導や相談業務などを行う、社会保険と労務のスペシャリストです。
近年、社会保険労務士に対するニーズは高まっており、その要因の一つが社会全体の雇用環境の変化です。社会保険労務士は、まさにこれからの日本社会を担っていく注目資格の1つです。

計画的な学習戦略で、一発合格も目指せる

社会保険労務士試験は毎年4~5万人ほどが受験し、合格率は5%前後で推移しています。国家資格の中では比較的安定した試験傾向となっていて、戦略が練りやすいのが特徴です。
しかし、その合格には科目ごとに合格基準点が設けられており、たとえ総合点が合格基準に達していても、1科目でも合格基準点に達していなければ不合格です。社会保険労務士の攻略には、バランスよく、効率よく学習を進める必要があり、苦手科目を作ることなく、得点できるところは確実におさえることが合格のカギとなります。

社会保険労務士資格の詳細はこちら ≫

旅行業務取扱管理者資格

有望資格厳選!将来性が高い・需要がある資格10選

旅行業務のプロであることの証明

希望の就職先ランキングで毎年大手旅行会社が上位を占めているように、旅行業界は依然として高い人気を誇っています。最近は旅行者のニーズが多様化・成熟化しており、各旅行会社は一人でも多くの旅行者を取り込もうと、様々なテーマの旅行商品を企画しています。
このような時代だからこそ、有望な人材が渇望されており、人気の旅行業界で活躍したいと考えている方であれば、旅行業務に関するプロであることを証明する旅行業務取扱管理者資格はぜひ取得しておきたいところです。

旅行業界で活躍するためには必須の資格

旅行業界における主な業務には、ツアーに同行して安全な旅行を実施する「添乗」、店頭などでお客様を相手に旅行の申込み手続き等を担当する「カウンター」、ツアーの企画やセールスを行う「経営企画」があります。これからの業務を遂行するために必要な資格が旅行業務取扱管理者です。
資格がないと旅行会社に就職できない、というわけではありませんが、その学習過程で得られる幅広い知識は、実務で役立つ内容ばかりです。また旅行業法では「営業所ごとに1人以上の旅行管理者を選任しなければならない」と制定されていることもあり、この業界で働くためには欠かせない資格と言えます。

旅行業務取扱管理者資格の詳細はこちら ≫

マンション管理士・管理業務主任者

有望資格厳選!将来性が高い・需要がある資格10選

マンションの円滑な管理を担う重要資格

マンションの供給が増加する中、大規模な修繕計画や住民間のトラブル等のマンション管理の在り方が問われるようになりました。マンションを巡るこのような現状を改善するために、2001年に施行されたのが「マンション管理適正化法」です。これに伴い、マンション管理士と管理業務主任者の2資格が誕生しました。
専門知識を駆使して、マンションの所有者や管理業者に適切な助言や指導を行うのがマンション管理士で、一方の管理業務主任者はマンション管理業者のスタッフとして管理業務を行います。

効率よく学習すれば、ダブル取得が目指せる

老朽化したマンションが増加するとともに、新築マンションの建設ラッシュが続く中、マンション管理適正化法の施行と、マンション管理士・管理業務主任者の資格制度の発足は、マンションの管理組合側・管理業者側の双方が待望していたものであり、その活躍は社会的にも大きく期待されています。
2つの資格試験の範囲は重複している部分が多く、効率的に学習すればダブル取得も十分狙えます。また、管理業務主任者の合格者はマンション管理士試験で一部の科目が免除されるため、万が一の場合でも、翌年の試験での合格率がグッと高くなります。

マンション管理士・管理業務主任者資格の詳細はこちら ≫

建設業経理士資格

有望資格厳選!将来性が高い・需要がある資格10選

建設業界の経理・管理担当者に必携のスキル

国土交通大臣が認定する建設業経理士は、建設業界における簿記に相当する検定制度です。この検定試験は、建設業者の経理管理能力を客観的に評価する基準となるもので、建設会社の経理や管理部門に従事する方にはまさに必携の資格といえます。資格取得を昇給・昇格の条件とする企業も多く、就職後もキャリアアップの手段として活用することができます。

建設業経理士資格の詳細はこちら ≫

介護福祉士資格

有望資格厳選!将来性が高い・需要がある資格10選

介護現場のエキスパート

介護福祉士は、身体上または精神上の障害があることにより、日常生活を営むのに支障がある方に対して、自立した生活が送れるよう入浴・排泄・食事・その他の介護を行う専門職です。介護福祉士は専門職として厚い信頼が寄せられており、最近では資格手当や常勤採用等、待遇面で優遇される事例が増加しています。介護職として継続的に従事する方は取得しておきたい資格です。

介護福祉士資格の詳細はこちら ≫

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)資格

有望資格厳選!将来性が高い・需要がある資格10選

期待が集まる高齢社会の担い手

超高齢社会時代を迎え、介護職員初任者研修修了者に対する社会の需要は今後ますます高まっていくと予想されています。その主な業務内容は、高齢者や体の不自由な方の入浴や着替え、食事などの介護をすることです。しかし、体位交換や車いすへの移乗、衣類の着脱といった介助には正しい知識と的確な技術が求められるため、都道府県が認可した学校などで養成研修を受ける必要があります。

介護職員初任者研修資格の詳細はこちら ≫

社会福祉士資格

有望資格厳選!将来性が高い・需要がある資格10選

高齢化に伴い、社会福祉士へのニーズが増加

社会福祉士は、専門的知識と技術を持ってソーシャルワーカー(相談員)として、身体上もしくは精神上の障害のある方や環境上の理由により、日常生活を営むのに支障がある方々の相談に応じ、助言や指導、その他の援助を行う専門家です。
その相談相手は高齢者のほか、精神障害者、知的障害者、身体障害者、知的障害者、ひとり親、虐待問題を抱えた家族、低所得者など多岐にわたります。少子高齢化の進行や虐待問題など、多様な社会問題が存在する現在、社会福祉士に対するニーズが年々高まっています。

社会福祉士資格の詳細はこちら ≫

 - 特集記事 , ,