たのまなの調剤薬局事務通信講座の特長と口コミ・評判を調査 | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

たのまなの調剤薬局事務通信講座の特長と口コミ・評判を調査

たのまなの調剤薬局事務通信講座の特長と口コミ・評判を調査

先進国ではほぼ100%と言われる医薬分業率。近年、厚生労働省の後押しもあり、日本でも60%近くの医療機関が、処方箋は医師が出し、薬は薬局で受け取れるという「院外処方」を採用するようになりました。

医薬分業の発展に伴い大学病院・公立病院・一般病院、さらに診療所においても、院外処方箋による調剤の採用を進めており、保険調剤薬局における調剤件数は著しく増加しています。目まぐるしく変化する調剤業界において、薬剤師の負担を軽減し、その業務を補佐する「調剤事務」のニーズは徐々に高まっています。一生ものの仕事を短期間で手に入れたいなら、調剤事務の資格がおすすめです。 今回はこの調剤薬局事務の資格自体の特長や、資格取得講座として人気の高い「たのまなの調剤薬局事務通信講座」の特長・口コミ・体験談をご紹介します。

スポンサーリンク

広告

調剤薬局事務の特長、たのまなの通信講座の魅力

たのまなの調剤薬局事務通信講座の特長と口コミ・評判を調査

調剤薬局事務の将来性・働くメリット

調剤事務が向いている方

請求に関する業務のため、漏れがあってはいけません。そのため調剤事務スタッフにはスピードと正確性が求められます。また、病気で心細い気持ちを和らげられるような笑顔とコミュニケーション能力が求められます。

調剤事務の将来性

医薬分業が進み、保険調剤薬局における調剤件数は著しく増えています。それに伴い、調剤薬局の件数も年々増えているので、調剤事務スタッフのニーズは高まっています。

調剤薬局の働く3つのメリット

1:全国どこでも働ける
調剤事務の資格や知識は全国共通です。学んだことが無駄になりません。

2:選べる勤務スタイル
フレキシブルに自分の都合に合わせた働き方ができます。

3:経験・年齢不問
キャリアや年齢面での不利が少ない一生モノの仕事です。

スポンサーリンク

広告

たのまなの調剤薬局事務講座の魅力1:学習スケジュール

【ステップ1】テキストで医療保険の仕組みを理解
医療保険制度の仕組みから調剤報酬請求事務の概要について理解します。調剤報酬請求事務の必要性が理解できたところで、調剤基本料、調剤料、各種加算…など項目ごとに、調剤報酬の算定において注意しなければならないポイントを理解します。

【ステップ2】テキストで処方箋の受付と調剤報酬請求の流れを理解
処方箋の受付から請求業務まで現場で必要となる知識を抑えます。調剤報酬明細書への記入の仕方など知識が定着してきたら、後半は問題にチャレンジします。とにかく繰り返し問題を解き、間違えたところは解答解説でチェックします。

【ステップ3】調剤事務コンピュータをマスター
調剤報酬明細書の作成を手書きで覚えたら、CD-ROMをインストールして操作方法をマスターします。操作方法を習得したら演習問題にチャレンジし、実践的なスキルを身につけます。

たのまなの調剤薬局事務講座の魅力2:就職・転職サポート

●経験豊富な、たのまなアドバイザー51人に直接個別相談
就職・転職に関してそれぞれ得意分野を持った51人の「たのまなアドバイザー」に直接個別相談ができます。学ぶだけでなく、その後のキャリア形成までしっかり応援してくれます。

●各地の最新求人情報を閲覧・活用・アドバイスも!
「たのまな」は人材部門リソシアの求人情報や就職・転職サポートの活用はもちろん、各求人企業とも連携を図り、最新の充実した地元求人情報を中心に公開しています。一人ひとりに最適な就職・転職先をアドバイスしてくれます。

●初めてでも安心のサポート体制
「自分のアピールポイントってなんだろう」「採用につながる履歴書の書き方は?」など就職・転職には戸惑うことがつきものです。「たのまな」には一人ひとりに安心なサポート体制があります。

●就職・転職に活用できる推薦書を発行
学習の成果や就職活動への積極性、そして今までの経験を踏まえて、就職活動を後押ししてくれる推薦書を学院長名で発行してくれます。

●たのまなのネットワークを通じた業界最新情報
「たのまな」では常に業界の最新情報を収集しながら講座開発を行っているため、業界を非常に熟知しています。また、「面接対策セミナー」や「就職セミナー」「お仕事体験セミナー」など、就職に直結する各種セミナーも多数開催しています。

たのまなの調剤薬局事務講座の口コミ・評判・体験談

ヒューマンアカデミーたのまなで学び、一生ものの資格を手に入れられた方の口コミ・評判・体験談を集めてみました。

★完璧に問題が解けたと思っていても、合格通知が届くまでやっぱり心配でした。今はただホッとしています。とにかく処方箋の問題をすべての問題の点数が合うまで何回も同じ問題をやり直しました。

★医療保険調剤報酬事務士を取得して、コツコツやっていくとなんでも出来るんだとわかり先への励みになりました。気になる資格はじゃんじゃんやってみましょう。自分に合う合わないはやってみないと分からないです。小さな一歩が明るい方向への大きな一歩になると思っています。

★テキストは例題が記載されており、その都度確認しながら学べることができてよかったです。合格できて、まずは率直に「うれしい」の一言です。ただ持っているだけの資格にはならないように最大限社会に活かしていきたいです。もしためらっている方がいれば、ぜひ受講してみることをお勧めします。

★合格の秘訣は、「自分で納得するまで復習すること」「労働省や関係機関のHPも参考にすること」「分からなくても進めること」「講師の指導を理解して実践すること」「最後まであきらめないこと」「目標を作り、達成するすること」です。

★途中で勉強を1回止めてしまいました。でももう一度、初めからやり直して、合格できました。あきらめないで続けてよかったです。何回もレセプトをつくり、どこをどう間違えたか考えました。とにかく、何回も繰り返してやることです。途中、勉強をやめてしまうこともあると思いますが、合格してからのことを考えると頑張ろうと思います。受講期間いっぱいかかってでも、最後まで頑張って!

★まさかこんな短期間で資格が取れると思わなかったです。丁寧に解説があり、わかりやすい学習しやすく、飽きずに楽しく学べてよかったです。病院や薬局に行くとつい明細書をみてしまい点数が理解できて、とても役に立ちます。

★読み始めは難しいと思っていた内容も順を追って進めていくうちに理解できました。基礎と応用に分かれているのは良かったと思います。すべて良い点で合格できました!

★質問すると、とても分かりやすい解説が返ってきて通信講座でもよく理解することができました。以前、別の通信講座を受講した時は、なかなか続かず期限内に試験を受けられず挫折したことがありましたが、今回は諦めずに継続することができ、とても嬉しかったです。合格することができて自信になりました。

★自分はこれで本当に理解しているんだろうか?と不安だらけでした。でも合格の通知をもらった時は本当に嬉しかったです。

★9月上旬に調剤薬局へ再就職をしまして緊張の日々を送っています。学習中、問題を間違えた所でも丁寧に解説されていて、アドバイスをいただけました。医療保険調剤報酬事務士の資格を取得して、最初は不安だらけでしたが、良い結果が出て嬉しいです。

★「受講ガイド」に沿って順番にテキストを読み進め、問題を解き、自分のわかっていない点が判明することで理解が深まっていきました。「必ず合格するんだ」という思いを持って、計画的に学習を進めることができて良かったです。わからない点はそのままにせず、質問票を利用するように努めたことも合格の秘訣だと思います。

★医療事務のレセプトとは違っていたので、最初は慣れるのに時間がかかりましたが、短期間で合格できたのでとても嬉しいです。提出したテストも丁寧に添削して返って来るので、アドバイスされた所をよく学習すれば、最初のテストも合格できると思います。

★調剤薬局事務の業務を経験はしていましたが、全く知らないことが多くレセコンに頼っていて、学習することで算定の方法など理解でき、とても良い学習ができました。時間があるときには1ページでもテキストを読み返し、テキスト内の問題を解くようにしていました。中間テストでも間違ってしまった問題を集中して勉強しました。学習指導の先生のメッセージにも励まされ、毎日学習する癖がつけられたのが良かったと思います。最後まで続けるには、分かりやすいテキストやサポートが大切だなと思いました。今回修了できたことで自信もつき、また他の資格講座にも挑戦できればと思いました。

★1人で勉強するというのは少し不安でしたが、添削指導や質問票、メールなどを送っていただけて、その後押しのおかげで頑張ることができました。資格を取得できて、より自分に自信がついたと思います。テキストだけでなく、早見表やCD-ROMなど効率的に進めることのできる教材が充実していますし、たのまなではたくさんの方法でサポートしてくれます。飽きることなく楽しく学べました。

調剤薬局事務通信講座(合格保証付き)の詳細はこちら ≫

 - 医療・介護・福祉関連資格 , , ,