資格合格コラム|9月は総まとめ期。この時期に行政書士試験対策でやっておくべきこと。 | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

資格合格コラム|9月は総まとめ期。この時期に行政書士試験対策でやっておくべきこと。

資格合格コラム|9月は総まとめ期。この時期に行政書士試験対策でやっておくべきこと。

9月から10月の2ヶ月間を「直前期」と定義するならば、それぞれ9月は「総まとめ期」、10月は「直前対策期」という風に考えることができます。このうち、総まとめ期である9月に確実にやるべきことは「過去問」と「暗記」です。

つまり、「これまでインプットしてきた知識を確実なものにする」と同時に「知識を本試験の出題形式に応用して考えられるようにする」という2つのポイントが目標になります。


さて「知識を確実にする」というと真っ先に「テキストを一から読み返さないと」「暗記カードをやりまくろう」といったように、ついつい学習の初めの段階でやっていたようなインプット作業に回帰したくなる方も多いのではないでしょうか?確かに、このような作業は「知識の確認」という意味では非常に重要です。

また、すでに何度も目を通したテキストやカードを再び読み返すことは、既に知っている事柄の確認にとどまる学習のため、初見の設問や知識に触れる心配がありません。この点においては、ある種の安心感のようなものを得られることでしょう。

そのために、重要な総まとめ期をインプットに費やす受験生というのは毎年数多くいらっしゃるようです。しかし、このような「インプット作業に終始する勉強法」は 9月からの総まとめ時期には実は厳禁なのです。

なぜならば、試験においてテキストや暗記カードの記述通りに知識が問われることはまずないからです。誤ったインプット型学習ばかりに尽力した結果、「知識としては十分あるはずなのに、それらを実際の出題形式に対応できずに上手くいかない」ということで合格を逃すのは、とてももったいないこと。

だからこそ、総まとめ期のインプット学習には応用力をアップさせるひと工夫が必要なのです。


それでは一体どのようにして、知識のインプットに取り組めばよいかと言えば、やはり過去問演習を通して確認していくのが一番効率の良い方法であると思います。

実際の出題形式の中で、それぞれの重要項目がどのように問われるのか、ひっかけ問題が作られるとしたらどんなパターンがあるのか等々、過去問演習を通したインプット作業からは直前期に不可欠な応用力アップのポイントがいくつも発見できることでしょう。

ぜひ、「知識のインプット」という学習法をこれまでとは違った角度から考え、実践してみてください。


9月の総まとめ期にやるべきこととして、

・これまでインプットしてきた知識を確実なものにする
・知識を本試験の出題形式に応用して考えられるようにする

という2つのポイントを提示しましたが、これまでのお話から、これらはいずれも過去問演習ひとつで達成できるということが、お分かりいただけましたでしょうか。10月からの直前対策期に先駆けて、まずは過去問の徹底理解に努めてみましょう。

演習の目安は「1日20問」を目標に、論点があいまいな肢については教材をフル活用し、一つひとつしっかり復習しておくことで疑問を残さないこと。 時間がかかって大変な方もいらっしゃるでしょうが、ここは「急がば回れ」です。ぜひ、じっくりと取り組んでみて下さい。

スポンサーリンク

広告

資格の取得を目指す方へのキャンペーン・耳より情報

資格合格コラム|9月は総まとめ期。この時期に行政書士試験対策でやっておくべきこと。

【お知らせ】キャンペーン実施中!受講料が最大35%OFF

全国平均の倍以上の合格率を誇る、通信講座の大手「フォーサイト」。今なら最大35%OFFで受講できます。期間限定のキャンペーンですので、このチャンスをお見逃しなく。

キャンペーンの詳細はこちら ≫ キャンペーンの詳細はこちら ≫

■フォーサイトの3つの特徴
・高い合格率
緻密に計算されたカリキュラムで、合格のための「効率的な学習」を提供してくれます。毎年高い合格率を維持しています。

・充実の教材
覚えやすく、思い出しやすいフルカラーテキストや、マンツーマン感覚で受講できる高品質の講義動画など充実。

・納得の低価格
教室を持たず、必要以上の講師を抱えていません。通信講座の特性を活かし、手ごろな値段を実現しています。

■講座一覧
行政書士、社会保険労務士、宅建士、ファイナンシャルプランナー(FP)、簿記2級・3級、マンション管理士、管理業務主任者、カラーコーディネーター、色彩検定、ITパスポート、通関士、旅行業務取扱管理者

スポンサーリンク

広告

【資格・講座選びのコツ】情報収集も大きな一歩!

資格を取得したい!そのための通信・通学講座を受講してみたいけど、挫折せずに最後までやり遂げられるか不安…。という方も多いのではないのでしょうか。通信教育やスクールの講座を受講し始めることが、資格挑戦への第一歩ではありません。

まずはその資格が本当に目指したい資格なのか、また挑戦する上で自分に合った講座なのか、「情報収集」することが第一歩です。実際に「受講してみたけど、イメージしていた内容と違って辞めたい」「講座をキャンセルしたい」といった声も様々なサイトで見受けられます。

このような事を避けるために、まずは各通信教育・スクールの案内資料を取り寄せて、じっくり比較検討をしてみると良いでしょう。案内資料は各社無料で配布しており、誰でも手に入れることが可能です。
案内資料には資格がどのようなものか、どういう方にオススメなのか、また資格に挑戦する上での勉強法・学習スケジュール…等、有益な情報が豊富に掲載されています。

例えば「Brush UP!学び」という資格ポータルサイトを活用すれば、「ヒューマンアカデミー」「ユーキャン」「ニチイ」「TAC」「LEC」など、大手教育会社の案内資料を一括で取寄せることができます。まずはサイトをチェックしてみてください。

■Brush UP!学び
http://www.brush-up.jp/Brush UP!学び

 - 資格合格コラム