資格合格コラム|行政書士の試験で、一歩差をつける戦略的な試験の受け方 | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

資格合格コラム|行政書士の試験で、一歩差をつける戦略的な試験の受け方

資格合格コラム|行政書士の試験で、一歩差をつける戦略的な試験の受け方

行政書士試験には、他の法律職の試験にはない『一般知識等』という科目があります。受験生なら誰でも知っている通り、この一般知識等はかなり厄介です。試験範囲が明確でなく、とらえどころがない。そのため対策を立てにくいのが現状です。

しかし、一般知識等で24点以上取れないと、『足切り』で不合格となります。これが、行政書士試験を難化させている要因の一つでもあります。つまり、いくら法令知識があっても、一般知識で躓くといつまでも合格できないのです。

そこで、試験では戦略的に一般知識等を攻略する必要があります。でも、ご安心を。簡単にできるコツがあります。それは『まず一般知識等から解くこと』。一般知識の中でも、文章理解を先に解きましょう。

文章理解は、問題の最後に出てきます。問題文が長く、ここにきて時間切れになることがありますが、国語の問題なのでやれば得点できます。そのため、まっ先に得点源として解いてしまうのがよいでしょう。

次に、一般知識等が終わったら、法令等の『配点の多い問題から解く』のです。法令等が合計で122点以上(全合計180点以上)であれば合格できるのですから、最初から解く必要はなく、配点の多い問題から解いていくのが効率的です。

また、「多肢選択式」は、公表されていませんが部分点が付くと考えられます。つまり、「五肢択一式」は間違えれば0点ですが、多肢選択式は、全体としては間違ってても部分点として2点、4点などが付く可能性があります。

また、記述式は1問20点の配点と高得点が狙える問題です。ここでも、部分点の可能性があるので必ず何か書くこと。点は取りやすい所から取る、これが鉄則です。

ここまできたら、得意科目、重要科目を解いていきましょう。ある程度得点出来ている手ごたえがあると、気持ち的に後が楽です。

合格への近道はありません。ただし、コツコツ重ねた努力に戦略をプラスすることで、合格への道がはっきり見えてくるでしょう。

スポンサーリンク

広告

資格の取得を目指す方へのキャンペーン・耳より情報

資格合格コラム|行政書士の試験で、一歩差をつける戦略的な試験の受け方

通信講座に申し込むなら、「教育訓練給付制度」を活用しよう!

教育訓練給付制度とは、厚生労働大臣の指定する講座を受講し修了した場合、支払った学費のうち20%(最大10万円)が支給される制度です。
通信講座の平均単価は5万円前後ですので、この制度を利用すれば1万円が国から給付金として支給されます。

例えば、ユーキャンなら30講座以上が給付制度の対象講座です。2015年には、約10万人の方がこの制度を利用し、受講しています。
まずは、気になる講座の無料案内資料を取り寄せてみてはいかがでしょうか。

教育訓練給付制度の詳細はこちら ≫

スポンサーリンク

広告

【資格・講座選びのコツ】情報収集も大きな一歩!

資格を取得したい!そのための通信・通学講座を受講してみたいけど、挫折せずに最後までやり遂げられるか不安…。という方も多いのではないのでしょうか。通信教育やスクールの講座を受講し始めることが、資格挑戦への第一歩ではありません。

まずはその資格が本当に目指したい資格なのか、また挑戦する上で自分に合った講座なのか、「情報収集」することが第一歩です。実際に「受講してみたけど、イメージしていた内容と違って辞めたい」「講座をキャンセルしたい」といった声も様々なサイトで見受けられます。

このような事を避けるために、まずは各通信教育・スクールの案内資料を取り寄せて、じっくり比較検討をしてみると良いでしょう。案内資料は各社無料で配布しており、誰でも手に入れることが可能です。
案内資料には資格がどのようなものか、どういう方にオススメなのか、また資格に挑戦する上での勉強法・学習スケジュール…等、有益な情報が豊富に掲載されています。

例えば「Brush UP!学び」という資格ポータルサイトを活用すれば、「ヒューマンアカデミー」「ユーキャン」「ニチイ」「TAC」「LEC」など、大手教育会社の案内資料を一括で取寄せることができます。まずはサイトをチェックしてみてください。

■Brush UP!学び
http://www.brush-up.jp/Brush UP!学び

 - 資格合格コラム