資格合格コラム|試験範囲が広い、ファイナンシャルプランナー試験の攻略法。 | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

資格合格コラム|試験範囲が広い、ファイナンシャルプランナー試験の攻略法。

資格合格コラム|試験範囲が広い、ファイナンシャルプランナー試験の攻略法

ファイナンシャルプランナー(FP)試験は、試験範囲がとても広いのが特徴です。税金、社会保障関係だけでも、社会保険、公的年金、企業年金・個人年金等、年金と税金、わが国の税制、所得税の仕組み、個人住民税、個人事業税…など、対象範囲はかなり広いことが分かります。

その他、投資に関する知識、不動産、相続に関する知識、住宅ローンやライフプランニングに関する知識など、試験範囲は多岐にわたります。

このように、試験範囲が広い試験には、どのような対策を立てて、学習するのが良いでしょうか。それは、ずばり受験用の教材を利用することに限ります。


ファイナンシャルプランナー(FP)試験は、試験範囲が非常に広く、内容も多岐にわたりますが、一つ一つの分野を深く掘り下げるというよりは、基本となる知識を広く浅く身につける試験です。

一つの分野を深く重点的に学習するよりも、全ての試験範囲をまんべんなく一通り学習する方が、点が取りやすい。そのため、試験用に編集された教材が欠かせません。

各分野ごとに参考書を用意して、時間をかけて学習する…と、いう考え方だと合格までにかなり時間がかかるでしょう。割り切って「出るところだけ効率よく学習する」方が合格には近いです。

丁寧に時間をかけて学習したい人は、だんだんと受験する級を上げて行くのが良いと思います。級が上がると、当然試験の難易度も上がり、より深く正確な知識を問われるようになってきます。

ただ、やはり確実な合格を目指すのであれば、「まんべんなく一通り」の学習でないと、難しい。それは試験範囲が広い分、一つの分野の配点が少ないからです。

そのため、例え100%極めた分野があったとしても、全体としての得点は広く浅く得点することには勝てないのです。丁寧に学習すべき専門分野は、合格してからさらなる学習をすると考えていた方が良いでしょう。


試験範囲が広いので、初学者はしり込みしてしまうかもしれませんが、やってみればそんなに難しくないと感じるはずです。とにかく受験用の教材を用意して、3ヵ月から半年、まんべんなく学習してみましょう。

3級に合格したら、次はもう少し深い学習をして2級・1級を目指す。または自分の専門分野を決めてから、その分野について深く学習すればよいのであって、受験に関しては割り切るのが近道です。

スポンサーリンク

広告

資格の取得を目指す方へのキャンペーン・耳より情報

資格合格コラム|試験範囲が広い、ファイナンシャルプランナー試験の攻略法

【お知らせ】キャンペーン実施中!受講料が最大35%OFF

全国平均の倍以上の合格率を誇る、通信講座の大手「フォーサイト」。今なら最大35%OFFで受講できます。期間限定のキャンペーンですので、このチャンスをお見逃しなく。

キャンペーンの詳細はこちら ≫ キャンペーンの詳細はこちら ≫

■フォーサイトの3つの特徴
・高い合格率
緻密に計算されたカリキュラムで、合格のための「効率的な学習」を提供してくれます。毎年高い合格率を維持しています。

・充実の教材
覚えやすく、思い出しやすいフルカラーテキストや、マンツーマン感覚で受講できる高品質の講義動画など充実。

・納得の低価格
教室を持たず、必要以上の講師を抱えていません。通信講座の特性を活かし、手ごろな値段を実現しています。

■講座一覧
行政書士、社会保険労務士、宅建士、ファイナンシャルプランナー(FP)、簿記2級・3級、マンション管理士、管理業務主任者、カラーコーディネーター、色彩検定、ITパスポート、通関士、旅行業務取扱管理者

スポンサーリンク

広告

【資格・講座選びのコツ】情報収集も大きな一歩!

資格を取得したい!そのための通信・通学講座を受講してみたいけど、挫折せずに最後までやり遂げられるか不安…。という方も多いのではないのでしょうか。通信教育やスクールの講座を受講し始めることが、資格挑戦への第一歩ではありません。

まずはその資格が本当に目指したい資格なのか、また挑戦する上で自分に合った講座なのか、「情報収集」することが第一歩です。実際に「受講してみたけど、イメージしていた内容と違って辞めたい」「講座をキャンセルしたい」といった声も様々なサイトで見受けられます。

このような事を避けるために、まずは各通信教育・スクールの案内資料を取り寄せて、じっくり比較検討をしてみると良いでしょう。案内資料は各社無料で配布しており、誰でも手に入れることが可能です。
案内資料には資格がどのようなものか、どういう方にオススメなのか、また資格に挑戦する上での勉強法・学習スケジュール…等、有益な情報が豊富に掲載されています。

例えば「Brush UP!学び」という資格ポータルサイトを活用すれば、「ヒューマンアカデミー」「ユーキャン」「ニチイ」「TAC」「LEC」など、大手教育会社の案内資料を一括で取寄せることができます。まずはサイトをチェックしてみてください。

■Brush UP!学び
http://www.brush-up.jp/Brush UP!学び

 - 資格合格コラム