丁寧な解説付き過去問で国家資格試験に合格!管理栄養士通信講座 | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

丁寧な解説付き過去問で国家資格試験に合格!管理栄養士通信講座

ニーズも活用度も高い!ユーキャンの管理栄養士通信講座とは

栄養士の上級資格にあたる管理栄養士は、「生活習慣病予防」や「食の安全」に関心が集まる中、ニーズ上昇中の注目国家資格です。管理栄養士を雇用することで、病院では栄養指導に診療報酬を加算できたり、介護保険施設ではサービス単位が加算されたりと、雇用側にもメリットがあるため、就職・転職に非常に有利です。資格手当や昇給も期待できます。

医療・福祉業界はもちろん、学校や研究機関、一般企業まで活躍の場も多彩。年齢を問わず働き方を選びやすいので、結婚・出産後の再就職にも有効です。栄養士に比べてまだまだ有資格者は少ない上に、将来性も充分に期待できる、メリットの大きい資格です。

ユーキャンの管理栄養士通信講座なら、「合格ポイント」を押さえたテキストなので、スキマ時間を活用した効率学習が可能です。働きながら学ぶ方に選ばれている通信講座です。

管理栄養士資格の詳細はこちら ≫管理栄養士資格の詳細はこちら ≫

スポンサーリンク

広告

ニーズも活用度も高い!栄養士からのステップアップ資格

ニーズも活用度も高い!ユーキャンの管理栄養士通信講座とは

ユーキャンの管理栄養士通信講座の特徴

3つのオススメポイント!

●年齢を問わず就職・転職に有利!資格手当や昇給も望める

●食の安全に関心が集まる今、幅広い業界でニーズ上昇中!

●栄養士に比べ、有資格者はまだまだ少なく、将来性も期待大!

時代が求める存在!ニーズは年々高まっています

健康志向が高まる現代で、メタボ対策や健康指導に欠かせない存在の管理栄養士。高齢者や疾病者の総合的な栄養指導を行う適任者として、医療機関などで引っ張りだこ。高齢化や医療費の増加が進む今、その力は特に必要とされています。「特定保健指導」などのスタートはその一例です。今後も活躍の場の広がりが大いに期待され、就職・転職や再就職も有利に!まさに今、手に入れて損のない資格です。

試験に出やすいポイントをわかりやすく解説

テキストでは過去の出題傾向を分析し、重要ポイントを絞り込んで解説されています。試験に出やすいところが一目でわかり、図表やイラストも豊富なので、理解がスムーズに。実践力を強化する演習問題で、本番にも自信をもって臨めます。 合格に必要な知識に絞り込み、無駄なく効率学習ができ、演習問題集で実戦力も強化できます。

スポンサーリンク

広告

知識が着実に身につく副教材

「演習問題集」では学んだ内容をアウトプットすることで、頭にしっかり定着できます。本番に対応できる実戦力を養います。「さくトレ」という副教材では、読みだけで要点がササッと復習できる優れもの。学習の総仕上げに、試験直前まで重宝する1冊です。

入手しづらい最新情報や時事問題にも対応

独学ではなかなかつかみづらい法改正などの最新情報や、合格には欠かせない重要ポイントは、まとめて適宜手元に届きます。自分で情報を探す手間もなく、安心です。

受講生の約85%が「仕事持ち」

ユーキャンの管理栄養士通信講座は、働きながら学ぶ方に選ばれています。受講生のうち約85%は仕事を持ちながら勉強しているようです。「仕事と両立しながらできること」を前提に作られた講座とのことですが、忙しい方から選ばれているのがその証拠です。

マークシートで解答しやすい!

やみくもな丸暗記は不要です。出題の多い科目は予め決まっており、狙われやすいところには傾向があります。また、満点を目指す必要もなく、例年総得点の60%が合格ライン。無駄のない効率的な学習が合格のカギです。

受講生の声

●資格取得後、希望の病院で勤務!活躍の場が広がりました!(40代女性)
●献立チェック、患者様の栄養指導、特定保健指導…忙しいけどやりがいがあります!(40代男性)
●長年の夢だった管理栄養士資格を取得。資格があると説明にも説得力があるんです!(40代女性)
●食の正しい知識を持っているプロとして、食べることの大切さを教えていきたいです。(30代女性)

管理栄養士資格の詳細はこちら ≫管理栄養士資格の詳細はこちら ≫

管理栄養士資格試験ガイド

受験資格

①管理栄養士養成施設を卒業(4年制の管理栄養士養成施設を卒業した場合は即受験資格が与えられます)
②栄養士養成施設を卒業(2年制、3年制、4年制の管理栄養士施設を卒業した場合は、修業年数+実務経験の合格が5年以上になると受験資格が与えられます)

試験時期

例年3月

試験科目

①社会・環境と健康
②人体の構造と機能および疾病の成り立ち
③食べ物と健康
④基礎栄養学
⑤応用栄養学
⑥栄養教育論
⑦臨床栄養学
⑧公衆栄養学
⑨給食経営管理論および応用力試験

受験地

北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、岡山県、福岡県、沖縄県

合格基準・合格率

例年総得点の60%以上が合格基準。約50%の合格率。

管理栄養士資格の詳細はこちら ≫管理栄養士資格の詳細はこちら ≫

 - 食・料理関連資格 , ,