働きながら資格合格・免許取得できる!調理師通信講座 | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

働きながら資格合格・免許取得できる!調理師通信講座

働きながら免許取得が目指せる!ユーキャンの調理師通信講座とは

嗜好の多様化や、食品の安全や健康への関心が高まる中、食のスペシャリストである調理師はますます求められています。食に関する体系立った知識を身につけた人材として、その存在価値は大きく、飲食店をはじめ、福祉の現場や病院、学校や会社の食堂など活躍の場は多彩です。

就職・転職の武器になり、現在の職場での待遇改善や資格手当などによる収入アップも期待できます。また、申請するだけで「食品衛生責任者」の資格が取得可能になる点もポイントです。免許は日本全国で有効、経験を積んでいけば、「自分のお店を持つ」という独立の夢も実現可能な、やりがいと将来性のある資格です。

ユーキャンの調理師通信講座なら、試験に出やすいポイントを集中して学べるテキストで、図解やイラストが豊富で初めての方でも理解がスムーズです。働きながらでも、着実に合格力が身につきます。

調理師資格の詳細はこちら ≫調理師資格の詳細はこちら ≫

スポンサーリンク

広告

調理学校に通わず、働きながら免許取得が目指せる!

働きながら免許取得が目指せる!ユーキャンの調理師通信講座とは

ユーキャンの調理師通信講座の特徴

3つのオススメポイント!

●就職・転職に有利!資格手当や待遇改善などでの収入アップも期待できる!

●調理のエキスパートとしての証明に。社会的信用も高まる!

●経験を積めば、独立開業や夢のオーナーシェフへの道も開ける!

試験に出やすいポイントを集中して学べるテキスト

過去問題を分析し、試験に出やすいところに絞り込んだ内容で、初学者にも学習の重たさを感じさせません。実力テストなどの練習問題で、本試験の設問形式に慣れておくことができるので、合格がグンと近づきます。 図解やイラストが豊富で初めてでも理解がスムーズに。働きながらでも、着実に合格力が身に付きます。

受講生の約8割が「働きながら」勉強中!

ユーキャンの通信講座なら忙しい方でも合格を目指せる工夫が満載です。ユーキャンが受講生にアンケートをとったところ「仕事と両立して勉強している」と答えた方が8割にも上るそうです。

問題集で効率よく実力アップ!

テキスト学習のあとは、「パワーアップ問題集」で知識を定着させます。様々な問題形式に触れられるので、試験問題にも効果を発揮します。知識を得点につなげるカラクリが無理なく養成できる一冊です。

スポンサーリンク

広告

実力を最終チェックできる「総合模擬試験」

学習の最終チェックの役割を果たすのが、この総合模擬試験です。試験と同じ条件設定でチャレンジすれば、時間配分を意識して解答するトレーニングに。テキストの内容が定着しているのかの確認に、また本番前の予行練習にピッタリです。

安心指導サポートも!

●情報入手はおまかせ!会報「調理師ナビ」
受講期間中、会報「調理師ナビ」が届きます。独学では手に入りにくい制度改正や試験の最新情報なども、自宅で手軽に入手できます。安心して試験に臨むことが出来ます。
●学習支援サービス「学びオンラインプラス」
お手元のスマホや携帯電話、パソコンから、重要ポイントの動画解説やミニテストをチェックできます。スキマ時間を活かして、より便利にもっと楽しく合格が目指せます。

実務経験として認められる職種

以下の職種で2年以上調理業務に従事したことの証明書があれば受験できます。パートやアルバイトでも、週4日以上かつ1日6時間以上勤務している場合はOKです。

●学校・病院・寮などの給食施設
→継続して1回20食以上または1日50食以上調理する施設

●飲食店営業
→旅館や簡易宿泊所を含む

●魚介類販売業
→店舗で魚介類を販売する営業をいい、魚介類を生きたまま販売する営業、魚介類せり売営業は除く

●惣菜製造業
実務経験が2年に満たない場合は、実務経験を積みながら学習を進めましょう。実務経験を積みながら学習を進めれば、効率よく資格取得が目指せます。余裕を持って学習をスタートさせるのが得策です。

試験は解答しやすい択一式

試験は筆記試験のみで、解答しやすい択一式。合格の目安は6割以上の正解率です。定員制ではないので、合格ラインさえクリアすればOKです。試験は都道府県ごとに実施されるため、複数都道府県での掛け持ち受験も可能です。比較的受けやすい試験です。

受講生の声

●フォロー体制が魅力でした。安心して進められましたし、得た知識は自信につながりました。(40代女性)
●調理の勉強は初めてながら、ユーキャンで一発合格。資格取得後、転職できました。(40代女性)
●手軽でわかりやすい教材で、押さえるべき重要ポイントも明確で、学習がはかどりました!(30代男性)
●責任ある職場で働ける喜びと、家庭でも役立つ知識が得られて満足しています。(30代女性)

調理師資格の詳細はこちら ≫調理師資格の詳細はこちら ≫

調理師資格試験ガイド

受験資格

原則として、中学校卒業以上で、2年以上の調理の実務経験(パート・アルバイトの場合は、週4日以上かつ1日6時間以上の勤務)がある方。

試験時期

年1~2回、各都道府県で行われ、どこでも受験することができます。また、実施時期は各都道府県により異なります。

試験科目

①食文化概論
②栄養学
③食品学
④調理理論
⑤衛生法規
⑥公衆衛生学
⑦食品衛生学の7科目

※2016年度試験から「衛生法規」の内容は他科目に分離され、6科目での試験実施となります。

調理師資格の詳細はこちら ≫調理師資格の詳細はこちら ≫

 - 食・料理関連資格 , ,