准サービス介助士資格の特長と通信講座の魅力 | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

准サービス介助士資格の特長と通信講座の魅力

准サービス介助士資格の特徴と通信講座の魅力

「今後に備えて何か準備しておきたい」「福祉関係の資格を取得して仕事に活かしたい」「将来や社会のために役立ち知識を身につけたい」…そんな考えをお持ちの方にピッタリな資格が准サービス介助士です。

学んだそばから活用できる介助のスキルが、通信講座であればご自宅で身につけることができます。介助の知識と技能はお仕事だけではなく、あなたのこれからを助けるものになりますので、どなたでも取得しておいて損のない資格です。社会のために、ご家族のためにきっと役立ちます。

准サービス介助士通信講座の詳細はこちら ≫

スポンサーリンク

広告

超高齢社会の到来で、准サービス介助士の注目度は上昇中

准サービス介助士資格の特徴と通信講座の魅力

高齢化の進行に伴い、サービス介助士の資格取得者数も増え続けています。これからの日本に求められる「誰もが暮らしやすい社会」を支える存在として注目を集めており、今後ますますの取得者増が見込まれます。有資格者の求人も増加傾向ですので、今が狙い目の資格と言えます。

介助と介護、何が違う?

「介護」が入浴や食事、トイレなど生きるために必要な行動を、自分では行うことができない方への支援を意味します。一方、「介助」は普段の生活の動作は自分自身でできる方が、より豊かな社会生活を過ごすために支援することを言います。

具体的には、高齢の方がお買い物をより楽しめるようにサポートをしたり、車いすを利用する方が電車に乗るのをお手伝いしたり、暮らしの身近なところで役に立てるのが介助の特徴です。

スポンサーリンク

広告

身近なところで活躍の場は拡大中!

ご家族のために

あなたの身近に高齢者や障がいのある方がいる場合、准サービス介助士の学習で習得した知識やスキルは、すぐに実践で活かすことができます。また、今は必要なかったとしても、一度きちんとした知識を身につけておけば、今後ずっと使えますので、万が一、家族が介助を必要とした場合にも安心です。
誰もがいずれは高齢になりますから、家族を支えるための備えとして身につけておいて損はありません

接客・サービス業のお仕事に

介護の現場をはじめ、飲食店やホテル、スーパーなど、接客の機会のある業種であればどこでも必要になるのが、准サービス介助士の大きな魅力です。高齢者増加に伴い、介助知識を持つ人材のニーズは高まり、准サービス介助士の資格取得を奨励する企業も増えています。
既に接客業に就かれている方は、この資格があれば武器になりますし、正しい心構えとスキルを持ってお客様と接することができれば、仕事の自信にも直結します。

これからの高齢社会のために

車いすを利用する方が道で困っている…。杖をついた方が人ごみで困っている…。今までであれば見て見ぬふりしかできなかった場面でも、介助の知識を持っていれば積極的に声掛けやサポートをすることができます。
今後、高齢化が更に進めば、こういった場面も増えていきますので、そこでのご自身の行動が「誰もが暮らしやすい社会」の実現へとつながっていきます。

一人の人間としても成長が望めます

資格の認定団体である公益財団法人法人日本ケアフィット共育機構では、「高齢者や体に障がいのある方が安心して社会参加できるように、全ての人に『おもてなしの心と介助技術』を学ぶ環境をつくる」という理念があります。
高齢者や障がい者を含む全ての人が、より満足する人生を過ごすためには、相手の立場になって、その心を思いやる気配りやおもてなしの心が必要です。准サービス介助士の資格は、これからの社会に不可欠なのはもちろん、全ての人間関係においてもっとも大切な、他人を思いやる心を育むこともでき、一人の人間としても成長が望めます。

准サービス介助士通信講座の詳細はこちら ≫

資格を取得するなら、在宅受験ができるユーキャンが最適

准サービス介助士資格の特徴と通信講座の魅力

講座を修了すれば、そのまま資格取得に

ユーキャンの「准サービス介助士通信講座」は、資格認定団体である公益財団法人法人日本ケアフィット共育機構と提携して作成されています。そのため、テキストやカリキュラムは協会公認のものですので、添削課題と検定試験を提出して合格すると、そのまま准サービス介助士2級資格が取得できます。わざわざ試験会場に足を運ぶ必要もなく、ご自宅で手軽に資格を取得できるのです。

また、資格取得にあたっての登録や申請は一切不要です。合格後には資格取得の正式な証明となる認定状が協会から自宅に送られてきます。検定料も不要です。

忙しい方でも安心のカリキュラム

当講座は仕事や家事で忙しい方でも、無理なく資格取得を目指せるように作成されています。1日の勉強時間の目安は30~60分程度。まとまった時間が取れない場合には、移動中や休憩中に何度かに分けて、少しずつ進めてもOK。また、毎日勉強するのが難しい場合でも、休日や時間に余裕のある時にまとめて進めていけば、十分合格が目指せます。

メインテキストがわかりやすい

公益財団法人法人日本ケアフィット共育機構の公式テキストに基づき、ユーキャンが培ってきたノウハウを盛り込んだオリジナル版。レッスンごとに「ここでは何を学ぶのか?」がわかるように作成されているので、初めて学習する方でもスムーズに進められます。
具体例も豊富で、介助の重要なポイントをやさしく身につけられるテキストです。

准サービス介助士通信講座の詳細はこちら ≫

合格体験談もぞくぞく

合格体験談(男性40代)

教材が自宅に届くまでは「難しく続けられなかったらどうしよう…」という不安ばかりでした。しかし実際に始めてみると、初心者向けに文章が書かれており、読むだけで内容がスッと頭に入ってきました。

合格体験談(女性40代)

添削課題提出時や質問の回答時に、丁寧な解説やあたたかい励ましの言葉をいただいたことがとても嬉しくて、心の支えと学習のモチベーションになりました。合格に導いてくれたユーキャンに感謝です。

合格体験談(女性30代)

ユーキャンのテキストはわかりやすかったです。付属のDVDには車いすの操作方法もあって、テキストの活字を追うだけではピンと来づらい動作も、映像のおかげですぐに理解できました。

准サービス介助士通信講座の詳細はこちら ≫

 - 医療・介護・福祉関連資格 , ,