【2022年最新】ユーキャンの公式サイトと楽天市場店の違いを解説|ポイントを理解してお得に受講|資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

【2022年最新】ユーキャンの公式サイトと楽天市場店の違いを解説|ポイントを理解してお得に受講

最終更新日:2022年5月16日

【2022年最新】ユーキャンの公式サイトと楽天市場店の違いを解説|ポイントを理解してお得に受講

通信講座のユーキャンでは公式サイトから申込む方法と、楽天市場店から申込む方法があります。それぞれの共通点や違いを理解して、賢くお得に申込みましょう。

スポンサーリンク

広告

ユーキャンの公式サイトと楽天市場店の違いは「支払い方法の種類」と「ポイントの付与」

最新のユーキャンの公式サイトと楽天市場店の共通点と違いは次の通りです。

●共通点
・講座の内容(教材や質問回答・添削指導などの受講サポート)
・価格
・教育訓練給付制度を利用できること ・届くまでの日数


●違い
・支払い方法の種類
・ポイントの付与

スポンサーリンク

広告

まずは、ユーキャンの公式サイトと楽天市場店の共通点を解説

ユーキャンの場合、講座の内容であるテキスト、問題集、過去問などの教材、講師による添削指導、質問回答サービス、WEBテストなどの受講サポートはどの申込み方法であっても同じです。
ただし、一点注意が必要です。これはあくまでユーキャンで新品を申込んだ場合で、メルカリやラクマなどで中古品を購入した場合は受講サポートは一切つきません。この点は本題から反れますので、以下の記事をご覧ください。

また、価格も同じです。ユーキャンは申込み経路によって価格差がありません。ポイントサイト経由で申込めば、価格に応じてポイントがもらえることがありますが、価格は一緒です。
さらに、受講料の最大20%が支給される「教育訓練給付制度(一般)」の利用が可能なことも同じです。以前は楽天市場店では教育訓練給付制度(一般)を利用した申込みはできませんでしたが、現在は楽天市場店でも利用が可能ですので、条件に当てはまる方は絶対に利用して申込んだほうがお得です。

次に、ユーキャンの公式サイトと楽天市場店の違いを解説

ユーキャンの公式サイトの場合、支払い方法は「クレジットカード払い」「郵便局・ゆうちょ銀行/コンビニでの払込」「LINE Pay請求書払い」の3種類しかありません。しかも、クレジットカード払いは一括払いのみで分割払いはできず、分割払いを希望する場合は、郵便局・ゆうちょ銀行/コンビニでの払込か、LINE Pay請求書払いのどちらかを選ぶしかありません。しかも、どちらの場合でも払込手数料がかかります

一方で、楽天市場店の場合は支払い方法の種類が豊富です。「クレジットカード払い」「銀行振込」「後払い決済(54,000円未満)」「セブンイレブン(前払)/ローソン、郵便局ATM等(前払)」の4種類あります。
クレジットカード払いの場合、一括払いだけでなく分割払い(3~24回)、リボ払いも可能です。しかも取扱いカードの種類も公式サイトより豊富です。

また、楽天ポイントがもらえる、楽天ポイントを支払いに利用できるという点も大きな違いです。
ユーキャンの通信講座は50,000円前後と高価格のため、例えば楽天が実施しているポイントアップキャンペーン等でポイントが10倍の時期に、50,000円の通信講座を申込めば、5,000円分の楽天ポイントがもらえます。普段から楽天ポイントを貯めている方は公式サイトで購入するよりも絶対にお得です。
さらに、先ほどご紹介したとおり、楽天市場店でも「教育訓練給付制度(一般教育訓練)」を利用できますので、ダブルでお得になります。

以上がユーキャンの公式サイトと楽天市場店の違いでした。ユーキャンの楽天市場店では、公式サイトで扱っているほとんどの講座を取り扱っています。最新情報を正しく取得し、賢く資格取得・スキルアップの第一歩を踏み出してください。

ユーキャン楽天市場店はこちら

ユーキャンの公式サイトはこちら

ユーキャンに関するおすすめ記事

 - ユーキャン ,