2級ボイラー技士資格の特長と賢い取得方法 | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

2級ボイラー技士資格の特長と賢い取得方法

2級ボイラー技士資格の特徴と賢い取得方法

2級ボイラー技士は全国各地でニーズの高い国家資格です。その理由は、2級ボイラー技士の有資格者は、ホテル、病院、デパートなどはもちろん、冷暖房を使用している建物の空気調節を管理する専門家として、必ず設置が義務づけられているからです。

そのため、いつの時代も求人があり、待遇面でも資格手当てがつくことも。ボイラー技士というと、体力勝負をイメージされるかもしれませんが、現在は機械の管理点検が主な仕事です。以前のように石炭をくべるような作業は必要なく、肉体的な負担が軽い点も魅力です。定年後の再就職としてもオススメです。

また、広く必要とされているボイラー技士の資格を保持しておけば、不況の中でも就職・転職において選択の幅が広がります。学生から定年を迎えた方まで、どんな年代の方でも保持しておく価値が十分にあります。

近年、「資格は肩書きにすぎない」という声もありますが、それは間違いです。就職・転職の試験は、たった1~2回顔を合わせるだけの面接や、書類1枚で採用、不採用が決まってしまいます。そんな時に資格があれば、知識や技能を証明でき、大きなアピールになります。

現に今でも多くの就職・転職の場面で、資格を持っていることが有利に働くことは多々あります。資格は自ら進んで努力をし、さらに結果を残した人にしか持ち得ないものだからです。

ボイラー技士資格の詳細はこちら ≫ボイラー技士資格の詳細はこちら ≫

スポンサーリンク

広告

2級ボイラー技士のメリット

2級ボイラー技士資格の特徴と賢い取得方法

就職・転職に差がつく

就職・転職情報で「ボイラー技士」「ビル管理」「空調」などの求人をよく見かけます。会社は、有資格者を求めています。「ボイラー技士優遇・歓迎」「応募条件:ボイラー技士資格者」という条件で、募集されるケースが多いので有利です。

手に職!リストラや定年後対策にも

資格を取って確かな技能を身につけておけば、安定した収入に繋がります。リストラや定年後の対策として、早くから準備をして国家資格を取っておけば、将来的にも心強い限りです。

1級・特級の足がかりに

まずは2級の資格を取得し、それを足がかりとして1級・特級へとステップアップすることができます。1級が約40%、特級が約30%程度と比較的高めの合格率ですから、十分狙う価値があります。そのためにも2級に合格しましょう。

長く続けられる

一度資格を取得すれば生涯有効ですし、全国どこでも通用します。体力的にも無理なくできる仕事ですので、中高年の方にも向いています。少子高齢化が叫ばれ、働き手が求められていますので、長く仕事を続けられます。

社会貢献ができる

「縁の下の力持ち」的な仕事として、多くの方々の日常をサポートする存在です。無くてはならない職業ですから、頼りにされます。やりがいを感じながら、仕事が続けられて幸せです。

活躍の場が多彩!

ビル・工場・病院・学校・ホテルなどでもボイラーは使用されています。病院やマンション、ホテルと、全国のどこにでも仕事場は幅広くあります。これらの建物にある中規模以上のボイラーを扱うには、資格が必須です。この管理を請け負う会社では、有資格者が欠かせません。

スポンサーリンク

広告

通信講座なら抜かりなく、無駄のない対策で合格準備ができる

2級ボイラー技士資格の特徴と賢い取得方法

2級ボイラー技士の試験合格率は例年50%前後です。合格するかどうかは2分の1。しかし不合格者の中にはしっかりと対策をしなかった方、対策の仕方が分からなかった方、あるいは対策の仕方が間違っていた方などが多数含まれています。つまり、合格のカギは能力があるかないかではなく、正しい対策さえすれば、どなたでも十分に合格することができるのです。

試験対策については、通信講座を上手に活用するのが近道です。
例えばユーキャンであれば、過去の試験を細部にわたって分析し作り上げたテキストや、2級ボイラー技士試験を熟知した講師陣による個別添削指導など、合格に必要な対策はしっかりと整えています。またユーキャンが行う「分析」は、単に試験に合格するだけではなく、『少ない努力でいかに合格するか』を目指しています。

テキストは、単元ごとに「学習の要点」「出題のポイント」が纏められており、重要な問題や用語を集めた副教材もセットになっています。試験に出やすいところに的を絞った学習が実現できます。

ボイラー技士資格の詳細はこちら ≫ボイラー技士資格の詳細はこちら ≫

2級ボイラー技士 受験ガイド

受験資格

受験資格はありません。どなたでも受験することができます。

※試験合格後、資格の認定を受けるには、所定の実技講習を修了するか、以下の条件を満たしている必要があります。

(1)大学、高校などでボイラーに関する学科を修め、卒業後3ヵ月以上の実地修習を経た方

(2)ボイラー技士の取扱について6ヵ月以上の実地修習を経た方

(3)都道府県労働局長の教育指定期間が行う技能講習を修了し、4ヵ月以上の小規模ボイラーを扱ったことがある方

(4)海技士(期間1~3級)免許を受けた方

試験実施回数

月に1~2回実施されます。

試験日と会場

(1)関東・近畿地区では、毎年2回、他地区では1回ほど実施しています。試験場は各地区の安全衛生技術センターです。

(2)一部の地域では、年に1~2回出張試験を実施しています。試験場は原則として、県庁等の所在地に設けられます。

※試験はどこで受けても構いません。都合の良い場所で受験できますし、合格すれば全国どこでも通用します。

試験内容と出題形式

4科目の中から、各科目10問ずつ、合計40問が出題されます。出題形式は、示してある回答例の中からあてはまるものを選択する「択一式」です。

ボイラー技士資格の詳細はこちら ≫ボイラー技士資格の詳細はこちら ≫

2級ボイラー技士資格 合格体験談

2級ボイラー技士資格の特徴と賢い取得方法

採用に直結、資格を持っていると強い!(60代男性/奈良県)

テキストの充実ぶりに驚きました。見やすかったですし、章が終わると問題があって、それを解くことで理解度を確認できるのが良かったです。添削が戻ってきて、自分が間違えたところの解説や説明を参考にして、間違えた部分に該当するテキストをもう一度見直す。それによって分からないという部分が無くなっていきました。先生の応援や励ましのコメントがとても心に染みました。

試験は初めての受験でしたが、無事に合格することができました。半年間、コツコツと地道に勉強を続けてきた結果が出て嬉しかったです。無駄なく重要ポイントをおさえていける点でも、通信講座の教材はとても優れていたと思います。私のような初心者でも苦痛なく安心して取り組めましたから。

定年退職してからハローワークに通って、2級ボイラー技士の資格を活かせる求人を探しました。近くのホテルが設備監理員を募集していたので応募したところ、すんなり採用が決まりました。やはり資格を持っていたことが大きく役立ったと思います。2級ボイラー技士は難易度は高くないけれど、需要のある資格なのでオススメです。

会社から正社員の話が!(50代男性/京都府)

派遣社員として現在の会社に入り、派遣された先は水道の処理場だったのでボイラー設備があり、当然のように周囲はみな有資格者ばかりでした。同じ現場で働く方から「ボイラーの資格を持っていると、ここでの仕事に役立って便利だよ」と言われたのです。私は一度の挑戦で合格できました。

会社のほうから「ボイラーのある職場に欠員が出たので、そこに移って正社員にならないか」という話が来ました。驚きましたね。私にこの資格が合ったからの一言に尽きます。通信教育での勉強は初めてでしたが、ユーキャンで挑戦して良かったです。

実はボイラーの資格を取った後、気分が盛り上がり、こんなに資格に効果があるのなら、他の資格にも挑戦してみようと、危険物取扱者と第二種電気工事士の資格も取得したんです。現代は資格重視社会。日本がそういう社会なので、そこで生きていくために必要なのが資格になります。それを強く希望する人に、引き出してくれるのがユーキャンです。ひとつ資格が取得できれば、私のように弾みがついて、ほかの資格まで取得したくなるかもしれません。

ボイラー技士資格の詳細はこちら ≫ボイラー技士資格の詳細はこちら ≫

 - 不動産・建築・設備関連資格 , ,