丁寧な過去問解説で試験対策に最適!気象予報士通信講座 | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

丁寧な過去問解説で試験対策に最適!気象予報士通信講座

多彩な業界で活躍可能!ユーキャンの気象予報士通信講座とは

洪水や竜巻、大雪など、想定外の異常気象が後を絶たない昨今。様々な観測データから独自の天気予報が提供できる気象予報士への注目は日に日に高まっています。有資格者の活躍の場はテレビなどのメディアや民間の気象情報会社をはじめ、流通産業、建築、農業・漁業、観光産業など多種多様です。

例えば、デパートやスーパーでは販売予測に、観光地では客足予測や予約準備に、建築の現場では安全管理に…というように、業界のニーズに合わせた独自の気象予報は、業績に貢献する付加価値の高い情報として求められています。そのため、有資格者の評価は高く、就職・転職に効果を発揮します。また、気象の知識は自分の旅行やレジャー、災害への備えなど、身の回りで活用できるのも大きなメリットです。

ユーキャンの気象予報士通信講座なら、的を絞ったテキストで初めての学習でも合格力をしっかり養成できます。楽しく学べるDVDもセットです。

気象予報士通信講座の詳細はこちら ≫

スポンサーリンク

広告

多様な業界で活躍可能!気象の専門家になれる国家資格

多彩な業界で活躍可能!ユーキャンの気象予報士通信講座とは

ユーキャンの気象予報士通信講座の特徴

3つのオススメポイント!

●流通・観光業界、メーカー、自治体、マスコミ…活躍の場は広い!

●学歴や経験などの受験制限が一切ないので、誰にでもチャンスあり

●旅行やレジャー、毎日の生活に…プライベートにも知識が役立つ

資格の知識が活かせる業界は多彩!

流通業界
天候が売り上げに大きく影響する流通業界では、販売予測を立てるための詳しい気象情報が不可欠。

農業・漁業
天候不順や異常気象が不作や人命に関わる産業。局地予報や長期予報など、様々な気象の把握が必要です。

交通・運輸・自治体
安全な運行が求められる公共交通機関で、正確な気象情報は重要性大です。自治体でも防災などの面で重宝されています。

建設業
建設現場では特に天候の局地予報を重視。建設の進行や安全管理を考える上で、気象情報は欠かせません。

観光・レジャー産業
天候が客足に直結する業界。長雨、暖冬など、長期予報が予約見込みや人員配置の際に重要になります。

メーカー
エアコンなどの季節商品を作る製造業や飲料メーカーで生産計画を立てる際は、気温傾向や長期予報を重要視します。

気象コンサルタントとしての独立の道も!

資格取得後、会社で実務経験を積んで、気象コンサルタントとして独立する気象予報士もいます。実力次第では、将来のチャンスが広がる有望国家資格です。

スポンサーリンク

広告

出題傾向を徹底分析したテキスト

過去の出題傾向を細かく分析し、出やすい部分に絞り込んだテキストは、効率的に要点を身につけるのに適しています。また、独学では難しい実技試験対策も充実。気象現象がスムーズに理解できるCG映像満載のDVD教材もあるので安心です。行き届いた添削指導も好評で、あなたの学習を協力サポートしてくれます。

各項目の重要度が一目でわかる!

各項目の重要度を★の数で三段階表示。ポイントが一目でわかり、メリハリをつけて学習できます。また、文字だけではなく、図表やイラストを効果的に使うことで、視覚的に理解でき学習がスムーズになります。
各レッスンが終わったら、「理解度チェックテスト」で知識を定着させます。さらに章末の本試験レベルのチャレンジ問題で、実戦力を養成します。「補足」「用語チェック」「気象エピソード」など項目別に解説もされているので、着実に合格力が身につきます。

CGで楽しくわかる天気のしくみ

雲や雨、風や気圧、台風など気象学の基礎を映像で分かりやすく解説したDVD。CGで身近な気象現象を立体的に捉えられるので、初めてでもスムーズに学習がスタートできます。

実技試験も対策バッチリ!

応用力が問われる実技試験も、専用のテキストとDVDでしっかり対策。実戦的なトレーニングで出題形式に慣れるので、自信を持って本番に臨めます。

合格のカギを握る「関連法令集」「過去問」

気象業務に関連する法令を厳選した「気象業務関連法令集」。出題されやすい条文に絞っているので、効率よく法律学習ができます。また、過去問3回分の本試験問題と解答・解説を収めた冊子「過去問題・解答・解説」では、実際の試験時間に合わせて問題を解くことで、本番の感触もつかむことが出来ます。

的を絞った試験対策がカギ

試験には受験制限がありません。年齢や学歴などの規定はなく、どなたでも受験することが出来ます。大学一般教養レベルの物理・数学の基礎知識を必要とする難関資格と言われていますが、出題傾向や難易度はここ数年大きく変わっていません。そのため、過去の問題を分析して的を絞った試験対策をすれば、初学者でも十分合格を目指せます。また、暮らしに密着した天気に関する問題も出題されるので、日常生活やアウトドアなどの趣味で身につけた知識も合格の手助けになります。

受講生の声

●取って損はなしの資格!合格後、気象会社に転職。やりたいことを仕事にできました!(30代男性)
●ユーキャン1本で合格できました。気象予報士になりたい方にオススメです。指導も丁寧でいいですよ。(50代男性)
●資格取得で世界が広がりました!気象の知識は暮らしに仕事に活きています。(50代男性)
●資格取得後、教える側になりました。それでもユーキャンには、まだまだ教わることが多いと感じました!(40代男性)

気象予報士通信講座の詳細はこちら ≫

気象予報士資格試験ガイド

受験資格

制限なし

試験科目

学科試験:多肢選択式(①予報業務に関する一般知識、②予報業務に関する専門知識)

実技試験:記述式(①気象概況およびその変動の把握、②局地的な気象の予報、③台風等の緊急時における対応)

試験時期

例年1月下旬と8月下旬の計2回

免除制度

学科試験は、一般、専門のいずれか、または両方に合格した場合は、合格発表日から1年以内に行われる当該学科試験が、申請により免除されます。また、気象業務に関する業務経歴または資格を有する場合、申請により学科試験の一部または全部が免除となります。

合格基準

実技は50点満点のうち38点以上、筆記は100点満点のうち80点以上

気象予報士通信講座の詳細はこちら ≫

 - ビジネススキル関連資格 , ,