資格合格コラム|資格試験の前日にやってはいけないこと | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

資格合格コラム|資格試験の前日にやってはいけないこと

資格合格コラム|資格試験の前日にやってはいけないこと

試験日を明日に控える方はどんなことを考えているでしょうか?また、何をして過ごしているでしょうか?

どんな資格試験においても共通して言えることですが、試験前日の受験生の行動というのは、「ギリギリまで復習して徹夜の勢い!」というパターンか、「もう腹をくくって、今日一日はゆったり過ごす」パターンの概ねどちらかであるように思います。

皆さんは、いかがでしょうか?そして、どちらのタイプで過ごすのが得策なのでしょうか?


試験前日の過ごし方は、基本的には「ご自身がいかにして心を落ち着けるか」に注目すべきであり、「こうしなければならない」「こう過ごすのが絶対に良い」というものはありません。

前日でもガリガリ対策するのがよいのであればそうすべきですし、一方で、復習しだすと妙に焦ってしまうので前日はテキストを一切見ないというのも、またひとつの過ごし方だと思います。

ご自身が自信をもって試験に臨むためには、どんなことが必要でしょうか?復習でしょうか?それとも、休息でしょうか?

試験前日という大事な時ですから、「ああすべき」「こうすべき」は置いておいてご自身が心地良く感じられることをして過ごすようにしてみましょう。


一方で、前日に「すべきではないこと」については、下記のことが挙げられます。これらは総じて、明日のコンディションに悪影響を及ぼすであろう行動です。試験前日は意識的に避けるべきです。


●大量に飲酒する
→不安を紛らわせたいがため、ついついお酒の力に頼る方がいます。少量であれば良いのですが、くれぐれもお酒に飲まれないように。二日酔いの頭では、解ける問題も解けません。

●水分の摂りすぎ
→アルコールはもちろん、水分を過剰に摂取するのもおすすめではありません。翌日になっても頻繁に尿意を催したり、お腹を下したりするかもしれません。

●食べ慣れないものを食べる
→試験前日、精をつけようと特別なものを食べるのもNGです。胃のもたれや腹痛、腹下しの引き金ともなりかねません。特に、生ものには要注意です。

●受験生同士の会話
→互いに励ましあえると思っての会話も、受験生同士であれば不安が煽られたりすることも。試験前日は、ひとり心を落ち着けて過ごすのが無難です。

●24時を過ぎての勉強
→睡眠不足のぼんやり脳では、試験問題にしっかり取り組むことはできません。納得のいくまで対策することは大事ですが、遅くとも24時を目途に切り上げ、充分に頭と身体を休ませてあげましょう。


いかがでしょうか?いずれもシンプルなことではありますが、試験に向けて大切なことです。特に、口にするものについては普段通りの方が、何かとトラブルは少ないです。試験前日は細心の注意を払って生活しましょう。

スポンサーリンク

広告

資格の取得を目指す方へのキャンペーン・耳より情報

資格合格コラム|資格試験の前日にやってはいけないこと

通信講座に申し込むなら、「教育訓練給付制度」を活用しよう!

教育訓練給付制度とは、厚生労働大臣の指定する講座を受講し修了した場合、支払った学費のうち20%(最大10万円)が支給される制度です。
通信講座の平均単価は5万円前後ですので、この制度を利用すれば1万円が国から給付金として支給されます。

例えば、ユーキャンなら30講座以上が給付制度の対象講座です。2015年には、約10万人の方がこの制度を利用し、受講しています。
まずは、気になる講座の無料案内資料を取り寄せてみてはいかがでしょうか。

教育訓練給付制度の詳細はこちら ≫

スポンサーリンク

広告

【資格・講座選びのコツ】情報収集も大きな一歩!

資格を取得したい!そのための通信・通学講座を受講してみたいけど、挫折せずに最後までやり遂げられるか不安…。という方も多いのではないのでしょうか。通信教育やスクールの講座を受講し始めることが、資格挑戦への第一歩ではありません。

まずはその資格が本当に目指したい資格なのか、また挑戦する上で自分に合った講座なのか、「情報収集」することが第一歩です。実際に「受講してみたけど、イメージしていた内容と違って辞めたい」「講座をキャンセルしたい」といった声も様々なサイトで見受けられます。

このような事を避けるために、まずは各通信教育・スクールの案内資料を取り寄せて、じっくり比較検討をしてみると良いでしょう。案内資料は各社無料で配布しており、誰でも手に入れることが可能です。
案内資料には資格がどのようなものか、どういう方にオススメなのか、また資格に挑戦する上での勉強法・学習スケジュール…等、有益な情報が豊富に掲載されています。

例えば「Brush UP!学び」という資格ポータルサイトを活用すれば、「ヒューマンアカデミー」「ユーキャン」「ニチイ」「TAC」「LEC」など、大手教育会社の案内資料を一括で取寄せることができます。まずはサイトをチェックしてみてください。

■Brush UP!学び
http://www.brush-up.jp/Brush UP!学び

 - 資格合格コラム