レクリエーション介護士資格の特長と難易度、通信講座の魅力 | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

レクリエーション介護士資格の特長と難易度、通信講座の魅力

レクリエーション介護士資格の特徴と難易度、通信講座の魅力をご紹介

これまで介護現場でのレクリエーションは、主にヘルパーや介護福祉士など介護スタッフが行ってきました。しかし、近年の高齢者増に伴い、介護スタッフ一人あたりの業務量が増大し、レクリエーションにあまり時間を割けなくなりました。また、介護スタッフがレクリエーションを学ぶ機会が減り、レクリエーション自体の質の低下も否めなくなりました。

このような背景から、レクリエーション介護士への注目度が高まっています。介護スタッフの負荷を軽減し、かつ高齢者に楽しい時間を提供できる有資格者は、今後ますます求められるでしょう。

レクリエーション介護士資格の詳細はこちら ≫レクリエーション介護士資格の詳細はこちら ≫

スポンサーリンク

広告

日々の生活の中で高齢者に生きる喜び、楽しさをもたらします

レクリエーション介護士資格の特徴と難易度、通信講座の魅力をご紹介

少子高齢化の進む日本では、高齢者の介護が大きな課題となっています。介護食品や介護用具が発展し、快適な生活を送るための環境は整えられつつありますが、それと同時に日々の暮らしの中に生きる喜びや楽しさを感じてもらうことで、人生を楽しく、心豊かに過ごしてもらうことが大切である、という考えが重視され始めました。

そうしたことを背景に、介護レクリエーションは高齢者に笑顔を届け、生きがいを見出す手助けにもなるものとして介護現場で注目を集めています。今日では介護事業所や施設に限らず、在宅で行うレクリエーションも増え、ますますその効果が期待されています。

レクリエーション介護士の資格を取得すると

介護の現場で行われる書道、絵画、手芸・クラフト、体操、ゲーム等の活動を介護レクリエーションと呼びます。レクリエーション介護士は介護レクリエーションを行うための知識と技術を兼ね備えた人材として正式に認定されたことになりますので、資格を取得すれば自信を持ってレクリエーションができるようになります。

介護レクリエーションの意義や技術をしっかり理解していることで、利用者も満足できる企画が進行できるようになり、自己のスキルアップにもつながります。

スポンサーリンク

広告

2014年より資格認定制度が開始

レクリエーション介護士2級は、一般社団法人日本アクティブコミュニティ協会が認定する新資格として、2014年よりスタートしました。合格者には介護レクリエーションを行う上で必要な知識と技術を習得したことの証明として、認定証が発行されます。

例えばユーキャンなど、通信講座の中には課題をクリアするだけで資格取得が可能になる協会認定講座もありますので、このような講座を利用するのも一つの手かもしれません。

こんな方にオススメ!

介護現場で働く方のステップアップに

介護福祉士やヘルパーなど、介護現場で活躍中の方がこの資格を取得すれば、高齢者とのコミュニケーションがさらに好転し、良好な関係を築けます。どのようなレクリエーションにしたら良いかお困りでも、解決が図られます。目的に合ったレクリエーションを実行する力も養えます。あなたの特技や趣味が活かせるレクリエーションをアレンジすることも、十分可能です。

介護業界へ就職・転職を考えている方に

資格を取得すれば、介護現場で役立つ知識と、レクリエーション企画力の両方を兼ね備えた人材として評価されます。介護レクリエーションは、多くの施設で重要視されており、すぐに活かせる技能ですから、就職・転職時のアピールポイントになります。

家族や身内の介護に活かしたい方にも

自分の家族や身内に対しても、大いに活かせます。1日1日を明るく、元気に過ごしてもらうためにも、できるだけ早い段階での取得をオススメします。自信を持って有効な介護やレクリエーションを実践できるようになり、お互いに笑顔があふれることでしょう。

資格取得だけじゃない!実践的な学習内容

介護の基本を効率よくおさらいできる

介護現場の全体像をスムーズに把握するのに、レクリエーション介護士の勉強はとても適しています。介護保険制度の仕組みや介護スタッフの種類・役割など、基盤知識がやさしく定着できるので、初めて学ぶ方も、既に知識がある方も、得られるものがたくさんあります。どんな職種の人が介護に関わり、どう連携していくものかも、しっかり確認できます。

レクリエーションの具体的な企画・進行術が身につく

レクリエーションの実施にあたり、その目的や参加人数、予算、タイムスケジュールなどを細かく企画する力が身につきます。参加者の緊張を解き、和気あいあいとしたムードを作り出す「アイスブレイク」や上手な声掛けなど、応用範囲の広いレクリエーションの展開法も、多彩に身につきます。

役立つコミュニケーション技術も短期習得

高齢者に好感を持たれる態度や表情、上手なコミュニケーションの取り方が習得でき、覚えたそばから実践に活かせます。また、認知症や障がい等を持つ方と接する際に配慮すべきことも、具体例を交えて学べます。

資格取得後、就職マッチングも

資格を取得したら、試験実施団体が運営する就職応援サイト「介護レクワーク」に登録のうえ、自分に合った職場を引き出してもらうことができます。雇用形態、勤務地、希望職種の各項目にチェックすれば、より具体的な絞り込み検索も行えます。

レクリエーション介護士資格の詳細はこちら ≫レクリエーション介護士資格の詳細はこちら ≫

資格を取得するならユーキャンが近道?

レクリエーション介護士資格の特徴と難易度、通信講座の魅力をご紹介

ユーキャンの「レクリエーション介護士2級通信講座」は、第1回目~第3回目の添削課題および、実技添削課題を終えた後、第4回目添削課題に進みます。

この第4回目が資格試験となり、ご自宅で受験することが可能です。100点満点中60点以上で合格(資格取得)です。万が一合格点に満たなくても、実施期間中であればいつでも何度でも再チャレンジが可能です。

レクリエーション介護士資格の詳細はこちら ≫レクリエーション介護士資格の詳細はこちら ≫

 - 医療・介護・福祉関連資格 , ,