仕事の幅が広がる!ペットビジネスマイスター通信講座の特長とは? | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

仕事の幅が広がる!ペットビジネスマイスター通信講座の特長とは?

仕事の幅が広がる!ペットビジネスマイスター通信講座の特長とは?

ペット業界には様々な職種がありますが、全ての職種は1つの流れとして繋がっています。たのまなのペットビジネスマイスター通信講座は、トリマー、ペット販売士、小動物看護士、家庭犬トレーナーなど複数の資格を効率よく取得できます。本格的な活動を目指す方や幅広くペットビジネスを展開されたい方におすすめの講座です。

※当講座は一般社団法人日本ペット技能検定協会の認定講座です。
※当講座により取得できる「小動物看護士」資格は、(1)動物看護士統一認定機構の「統一資格」に移行することはできません。(2)書類審査による「統一資格」への書き換えの対象になっていません。

スポンサーリンク

広告

たのまな「ペットビジネスマイスター総合通信講座」のポイント

仕事の幅が広がる!ペットビジネスマイスター通信講座の特長とは?

全13のライセンス資格が取得できる!

トリミングやトレーニングなど、たのまなの全ペット講座の内容を全て効率的に学べる特別講座です。取得できる資格はなんと13にものぼり、しかも自宅学習で取得が可能です。また、初めての受講で不安を感じる方向けのサービスとして、合格サポート制度があるので安心して受講を始めることができます。

ペット業界の知識を完全網羅!

ペット業界で幅広いビジネスを展開したい、どの職種に向けているのか、学びながら適性を見つけたい方におすすめの講座です。専門学校でも採用されている教材で、ペット美容学、動物看護・介護学、犬種標準学など各分野の専門知識を習得できます。DVD教材は充実の全60巻にのぼり、トリミング技法から実際の動物看護技法や珍しい犬種の貴重な映像までが収録されています。

独立開業・就職の相談を協会が強力サポート!

30年以上のペットビジネスをリードしてきた一般社団法人日本ペット技能検定協会主催による、ペットビジネスセミナーに無料で参加することができます。不透明なペット業界の全貌を知ることで、進路が明確になります。また、全国のヒューマンアカデミー校舎で、面接や履歴書の書き方など就職・転職サポートもしてくれます。

スポンサーリンク

広告

ペットビジネスマイスター通信講座の教材

●バインダー式テキスト(全8冊)
バインダー式で最新の情報を対応できる形態になっています。「動物看護学」から「ペット経営学」まで、各科目ごとに分かれているので持ち運びにも便利です。

●資料DVD(全30巻)
ペットショップ経営に関する内容から、トリミング、トレーニング技法まで幅広く網羅されています。

●トリミング技法DVD(全30巻)
サロンを利用する上位11犬種を取り上げて、トリミングの手順を確認しながら学べます。また、現場でお客様の要望に応えられるカットスタイル別のDVDも用意されています。

●添削課題10回(筆記9回/実技1回)

●犬、猫体骨格ポスター各1組
骨格や内臓器を切り取って、台紙に貼り付けながらポスターを完成させることで、骨格の特徴を理解することができます。

●実寸モデル犬1体
トリミング技術独習用に開発された実寸モデル犬の活用で、犬体のあらゆる部位のカット技法をマスターすることができます。

※教材の内容や数量等は変更になる場合がありますので、最新情報は「たのまな」の公式サイトにてご確認ください。

講座の学習の流れ

●1〜3ヶ月目(STEP1):まずは「動物看護・介護学」から始めます。
動物看護・介護学はペット講座の中でも一番難しいので、時間をかけて習得します。その後、繁殖飼育学、ペット美容学から始めます。

●4ヶ月目(STEP2):モデル犬に挑戦!
モデル犬のトリミングを行う際に、犬の骨格を把握するとカットするポイントをつかむことができます。

●5〜7ヶ月目(STEP3):残り4冊のテキストはペット経営学から。
残りのテキストは、ペットビジネスの基本とも言える分野「ペット経営学」「ペット社会学」「トレーニング学」「犬種標準学」「猫学」を学びます。

●8〜12ヶ月目(STEP4):添削課題に挑戦!
学んだ内容が理解できているかを添削課題にチャレンジします。頑張って合格を目指します。

●最終月(STEP5):講座修了証を交付
講座修了からライセンス取得までの流れは次の通りです。

【1】申請書にて「小動物看護士」「小動物介護士」「ペット販売士」「ドッグシッター」「家庭犬トレーナー1級」「ペット繁殖指導員」「ペット飼育管理士」「セラピードッグトレーナー」「ペットロスケアアドバイザー」「キャットケアスペシャリスト」「キャットシッター」のライセンスの交付を受けます。

【2】トリマー2級ライセンス検定料(7,500円)を納入

【3】トリマー2級用検定モデル犬を仕上げて提出
※制作課題は、プードルのラムクリップ仕上げです。

【4】合格者にトリマー2級ライセンスを交付
※トリマー1級取得には、トリマー2級取得と全ての添削課題の提出が必須です。

ペットビジネスマイスター通信講座の詳細はこちら ≫

 - ペット関連資格 , ,