ペット流通ビジネス全般に精通!ペット販売士通信講座の特長とは? | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

ペット流通ビジネス全般に精通!ペット販売士通信講座の特長とは?

ペット流通ビジネス全般に精通!ペット販売士通信講座の特長とは?

インターネットや物流システムの発達により、通信販売でのペットの生体流通・販売マーケットは飛躍的に拡大し、ビジネスチャンスは広がっています。こうした販売者に対する消費者側からの判断材料となるのが「信用」です。生体管理や動物看護、衛生、流通、法規などの知識を持つ専門家の証となるのが「ペット販売士」資格です。
たのまなのペット販売士通信講座では、ペット飼育のあらゆる疑問や不安に適切に対応できる知識と技能、そしてプロのノウハウを実感しながら短期間で習得できるカリキュラムになっています。

※当講座は一般社団法人日本ペット技能検定協会の認定講座です。
※当講座により取得できる「小動物看護士」資格は、(1)動物看護士統一認定機構の「統一資格」に移行することはできません。(2)書類審査による「統一資格」への書き換えの対象になっていません。

スポンサーリンク

広告

たのまな「ペット販売士通信講座」のポイント

ペット流通ビジネス全般に精通!ペット販売士通信講座の特長とは?

「ペット販売士」「小動物看護士」資格を取得できる!

専門的な知識を持った「信用できるペット販売士」が必要とされている中、たのまなのペット販売士講座では、この信用の裏付けとなる、生体管理、看護、衛生、流通、法規などの専門知識と「ペット販売士」「小動物看護士」のWライセンスの取得が可能です。

通学制と同様の知識を最短で習得!

週3回1日2時間あれば、約5ヶ月で修了できます。1冊のテキストは平均300ページ以上あり、通学制と同じ教材を採用しているので、専門知識を習得することができます。また、初めての受講で不安を感じている方には、受講期間を延長できる合格サポート制度が用意されているので、安心して受講することができます。

独立開業・就職の相談を協会が協力サポート!

30年以上のペットビジネスをリードしてきた一般社団法人日本ペット技能検定協会主催による、ペットビジネスセミナーに無料で参加することができます。不透明なペット業界の全貌を知ることで、進路が明確になります。また、全国のヒューマンアカデミー校舎で、面接や履歴書の書き方など就職・転職サポートもしてくれます。

スポンサーリンク

広告

初心者からプロを実現する講座の中身とは?

【ペット経営学】
出店計画における最優先検討課題、「立地条件」について学びます。
いかなる業種でも店舗決定には十分な市場調査を行い、分析の精度を上げていく努力が必要です。

健康な子犬の選び方を習得。
健康な犬の特長や病気の時の特長などを実際の子犬を使って解説したDVDがついています。ペットショップなど生体を扱う現場には必須の知識です。

ペット販売士通信講座の教材

●バインダー式テキスト(全4冊)
テキストは、常に最新情報を提供するため、バインダー方式が採用されています。「ペット経営学」「動物看護・介護学」「ペット社会学」が各科目ごとにわかれているので持ち運びも便利です。

●資料DVD(全10巻)
犬の骨格構成や犬種総覧など、プロとして知っておくべき基礎知識が満載です。

●添削課題4回

●犬、猫体骨格ポスター各1組
骨格や内臓器を切り取って、台紙に貼り付けながらポスターを完成させることで、骨格の特徴を理解することができます。

※教材の内容や数量等は変更になる場合がありますので、最新情報は「たのまな」の公式サイトにてご確認ください。

講座の学習の流れ

●1〜4ヶ月目(STEP1):まずはテキストの中から、ペットビジネスの基礎となる「ペット経営学」から始めます

●5ヶ月目(STEP2):添削課題に挑戦!
学んだ内容が理解できているか、添削課題にチャレンジ、頑張って合格を目指します。

●最終月(STEP3):講座修了証を交付
全ての添削課題に合格すると、修了証とライセンス交付申請書が届きます。交付料を納めてライセンスを取得します。

ペット販売士通信講座の詳細はこちら ≫

 - ペット関連資格 , ,