資格の学校TACの会計・経営・労務関係講座一覧 | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

資格の学校TACの会計・経営・労務関係講座一覧

資格の学校TACの会計・経営・労務関係講座一覧

中小企業診断士・簿記など主要資格をおさえたラインナップ

公認会計士講座

会計資格の最高峰。ビジネスフィールドは無限大。
会計系最高峰の国家資格です。上場企業等の決算書をチェックし、保証する「財務諸表監査」は会計士の独占業務。試験は短答・論文の2段階式で、近年は合格率が上昇傾向に。さらに就職状況も合格者有利の売り手市場が続きます。

公認会計士講座の詳細はこちら ≫公認会計士講座の詳細はこちら ≫

税理士講座

企業経営をサポートする税務・会計のスペシャリスト。
税務の専門家として、主に中小企業の経営を、税金や会計ん御知識を活かしサポートするお仕事。試験合格には全11科目中5科目の合格が必要ですが、「科目合格制度」があるため、働きながら取得を目指す人も多数います。

弁理士講座の詳細はこちら ≫弁理士講座の詳細はこちら ≫

スポンサーリンク

広告

簿記検定講座

仕事で活きる資格。簿記は活躍のフィールドを広げます。
ビジネスパーソンの必須スキル、会計の基礎知識を習得できる資格です。その他、他の資格へのステップアップのベースともなるため学生でも取っておきたい資格と言えます。年に複数回、受験チャンスがあるのも魅力です。

簿記講座の詳細はこちら ≫簿記講座の詳細はこちら ≫

建設業経理士検定講座

「建設業計理士」は建設業界で大注目されている資格です。
主に建設業界の経理職に必要となる会計知識を習得できる資格です。1級、2級を取得すれば公共工事の入札時に必要な「経営事項審査の評価対象」になり、業界では必要性の高い人材と言えます。

建設業経理士検定講座の詳細はこちら ≫建設業経理士検定講座の詳細はこちら ≫

スポンサーリンク

広告

ビジネス会計検定講座

ビジネスパーソンの日々の業務に役立つ資格です。
企業の財務諸表を分析することができるスキルが習得できる資格です。これにより、企業の経営状況を把握し、投資や自分の企業の戦略を練る際などに役立てることができます。簿記の知識を必要としないのも特徴です。

ビジネス会計検定(簿記)講座の詳細はこちら ≫ビジネス会計検定(簿記)講座の詳細はこちら ≫

社会保険労務士講座

人に関するエキスパート。「年金コンサルタント」としても注目度はさらにアップ!
企業経営上の4大要素「人・物・お金・情報」の中で一番重要な「人」に関するエキスパート。人事・労務管理全般に関する改善策を企業に助言していきます。科目は労働基準法や健康保険法など、身近で学習しやすい内容です。

社会保険労務士講座の詳細はこちら ≫社会保険労務士講座の詳細はこちら ≫

メンタルヘルス・マネジメント(R)検定講座

多様化する職場環境において、メンタルヘルスケア知識は必須!
働く人たちの心の健康管理と活力ある職場づくりを目指して、職場内の役割に応じて必要なメンタルヘルスケアの知識や対処方法を習得できます。企業の人事労務管理スタッフや管理職などに広く役立つ内容です。

メンタルヘルス・マネジメント(R)検定講座の詳細はこちら ≫メンタルヘルス・マネジメント(R)検定講座の詳細はこちら ≫

中小企業診断士講座

「経営コンサルタント」の国家資格。ビジネスに関する幅広い知識は必須!
経営戦略、人事、マーケティング、財務・会計、製品管理、店舗運営、物流、経済学、IT、法務と幅広い知識やスキルを持つ経営コンサルタントに関する国家資格です。

中小企業診断士講座の詳細はこちら ≫中小企業診断士講座の詳細はこちら ≫

IPO実務検定講座

上場準備の担当者育成および実務能力を認定する日本唯一のライセンス。
IPO実務検定は、上場準備に必要な実務知識を習得出来る日本唯一の資格です。試験は、標準レベルと上級レベルの2段階の区分で実施され、CBT形式(四肢選択式、上級は論述含む)で行われます。

IPO実務検定講座の詳細はこちら ≫IPO実務検定講座の詳細はこちら ≫

財務報告実務検定講座

財務報告制度に係わる実務担当者を育成!
財務報告実務検定は、財務報告担当者に求められる実務能力を習得するための資格です。資格の認定は、スコア制により得点に応じて称号が付与されます。試験は、CBT形式で行われ、択一式と総合問題が出題されます。

財務報告実務検定講座の詳細はこちら ≫財務報告実務検定講座の詳細はこちら ≫

 - 資格の学校TAC