通関士試験の合格に不可欠、TACの通関士講座のオリジナルテキスト | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

通関士試験の合格に不可欠、TACの通関士講座のオリジナルテキスト

通関士試験の合格に不可欠、TACの通関士講座のオリジナルテキスト

通関士試験の出題傾向を徹底的に分析して、合格に必要な要素をコンパクトにまとめたオリジナルテキスト。「誰でもわかりやすい」「読みやすい」ことを重視し、工夫を凝らした内容となっています。無駄を省き、効率的な学習のために作成されたTAC独自のテキストは、合格には欠かせないアイテムです。

スポンサーリンク

広告

通関士試験のスタンダード。コンパクトにまとまったオリジナルテキスト。

通関士試験の合格に不可欠、TACの通関士講座のオリジナルテキスト

基本テキスト:TAC流の合格メソッドがギュッと凝縮

通関士試験合格に必要な基本知識を体系的に理解するための必須アイテムです。「無理・無駄・ムラ」がなく効率的に合格を掴みとる「TAC流合格メソッド」の土台となる教材です。3冊ある基本テキストのサイズはA5版。小さいバッグにも入り通勤・通学の電車の中でも学習できる嬉しいコンパクトサイズです。

復習ポイント:重要項目を再確認しミニテストに備える!

その日に受けた基本講義の「どこがポイントか」を示した復習用教材です。次回の講義の冒頭で実施される「ミニテスト」はこの「復習ポイント」から出題されますので講義受講後の復習に最適です。また、「貨物分類暗記ノート」からのミニテスト出題範囲を指示し、早期からの「貨物分類対策」を行っていきます。

スポンサーリンク

広告

貨物分類暗記ノート:早期からの貨物分類対策!

本試験の「貨物分類」の問題(通関実務)を解く際、該当する貨物が所属する類をしっかりと判断できないとなりません。分類は全部で97類あり、暗記するだけでもかなりの時間が必要です。TACでは早期から「貨物分類暗記ノート」を配布し、また、講義の冒頭で実施される「ミニテスト」で「貨物分類」についても出題し貨物分類対策を早期から行っていきます。

ミニテスト:基本講義で学習した知識を定着させる!

前回の基本講義の学習項目について、理解と知識の定着ができているかを確認する一問一答のチェックテストです。講義でインプットした知識を早い段階からアウトプットすることで知識の定着をはかります。次回講義への学習モチベーション維持にも役立てることができます。

TACの通関士講座の詳細はこちら ≫TACの通関士講座の詳細はこちら ≫

過去問題集:様々な特徴で「過去問」を攻略する!

基本講義で学習した内容が、実際の本試験でどのように出題されているかを確認することはとても重要です。TACの過去問題集は単なる問題解説でなく「肢別問題」「ポイント解説」などにより、確実に知識をアウトプットできます。

【特徴1】10年分の過去問題を分析して「第1編 肢別編」に集約

過去10年分の過去問題を徹底的に分析し、科目ごと・テーマごとに集約、これを肢別問題にまとめあげられています。肢別問題を解くことにより本試験で何が問われているかを把握することができます。

【特徴2】充実したポイント解説で知識の確認・補充ができる

問題解説について、単なる解説でなく、必要な知識をわかりやすくまとめた「ポイント解説」が充実しています。

●出題のポイント:各テーマにおける押さえておくべきポイントをまとめています。
●関連知識:そのテーマの内ではありませんが、関連付けておくべき知識をあげています。
●ひっかけ注意:特に間違えやすいと思われる項目がまとめられてあります。そのままの過去問の文章で示している場合もあります。意識しておいてほしい部分です。
●難問に挑戦:やや発展的な問題を取り上げています。肢別問題で基本を身につけたら、こちらにもチャレンジすると良いでしょう。

【特徴3】特殊な出題形式に慣れる

通関士試験特有の特殊な出題形式である「語群選択式」「申告書式」に慣れるために、2年分の本試験問題が掲載されています。

【特徴4】最新本試験問題を全問掲載

本試験のシミュレーション用として、最新の本試験問題をそのまま掲載し、解説をしています。学習の総仕上げに最適です。

応用テキスト:通関士試験合格のカギ「通関実務」もこれで安心!

通関実務は受験生が最も苦手としている科目であり、どう対策を講じるかで合否が左右されます。応用テキストは「計算対策」「申告書対策」に分かれ、課税価格の深い理解と貨物分類や価格の計算のポイントについて深い理解ができます。

TACの通関士講座の詳細はこちら ≫TACの通関士講座の詳細はこちら ≫

 - 資格の学校TAC