資格合格コラム|ゴールから逆算して、試験の学習範囲を網羅する | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

資格合格コラム|ゴールから逆算して、試験の学習範囲を網羅する

資格合格コラム|ゴールから逆算して、試験の学習範囲を網羅する

どうしたら時間切れとならずに試験範囲を網羅して学習できるか。ポイントはたった1つ。「ゴールから逆算すること」これだけです。

試験の日程は決まっているので、試験当日に学力のピークを持ってこられるよう、逆算してスケジュールを立てます。簡単な例でいうと、試験まで10日、テキストが100ページなら、1日10ページ進めれば、全範囲を学習できることになります。ここで10ページを学習する際に1時間かかるか3時間かかるか、これはやってみないとわかりません

そのため、最初から時間で目標を立ててしまうと、まじめにやっても全範囲が網羅できるかがわからないのです。実際に10ページ学習してみて、かかる時間を算出しましょう。やってみないとわからないので、とにかくやってみることです。

最初は時間がかかると思いますが、知識が増えてくるとだんだんスピードが上がってきて、同じ分量でも短い時間で学習することができるようになってきます。そうなってきたら、短い時間で効率よく学習して終わるのもよいですし、余った時間で先取り的に学習し、答練の時間をたっぷりとるのもよいと思います。

また、学習を進めていくうちに、こまめに復習を入れた方が覚える、ある程度まとまった範囲を学習してから過去問を解く方が自分には合っている、など自分に合った学習方法が見えてきます

もしも、遅れが出てきたら、どこかで遅れを取り戻す必要があります。余裕を持って学習していれば、多少遅れが出てもすぐに取り戻せるので、可能であれば余裕を作りながら学習していくのがよいでしょう。

このように、時間ではなく進捗の分量で目標を立てると、ゴールに対してどこまで進捗しているか、ビハインドがあるのか、が常に自分で把握できます。これが大事な点です。ゴールに対する自分の位置を把握できていれば、「気が付いたら時間切れ」ということはありません。その手前で気付くことができます。

自分としてはまじめに学習しているつもりだが、なぜかいつも試験直前に「あれも出来ていない、これも出来ていない」となってしまう、という人はゴールから逆算して量で目標を立てる方法を取り入れてみてください。

やってみると、「こんなに時間をかけてもあまり進まなかった」「続けていたら、最初のころより早く量をこなせるようになった」というように、量で考えられるようになります。大事なのは、常にゴールとの距離を把握しておくことです。そして距離が離れたと思ったら、その都度進捗を見直してリカバリをすることです。これを繰り返すと、確実にゴールに近づきます。

スポンサーリンク

広告

資格の取得を目指す方へのキャンペーン・耳より情報

資格合格コラム|ゴールから逆算して、試験の学習範囲を網羅する

通信講座に申し込むなら、「教育訓練給付制度」を活用しよう!

教育訓練給付制度とは、厚生労働大臣の指定する講座を受講し修了した場合、支払った学費のうち20%(最大10万円)が支給される制度です。
通信講座の平均単価は5万円前後ですので、この制度を利用すれば1万円が国から給付金として支給されます。

例えば、ユーキャンなら30講座以上が給付制度の対象講座です。2015年には、約10万人の方がこの制度を利用し、受講しています。
まずは、気になる講座の無料案内資料を取り寄せてみてはいかがでしょうか。

教育訓練給付制度の詳細はこちら ≫

スポンサーリンク

広告

【資格・講座選びのコツ】情報収集も大きな一歩!

資格を取得したい!そのための通信・通学講座を受講してみたいけど、挫折せずに最後までやり遂げられるか不安…。という方も多いのではないのでしょうか。通信教育やスクールの講座を受講し始めることが、資格挑戦への第一歩ではありません。

まずはその資格が本当に目指したい資格なのか、また挑戦する上で自分に合った講座なのか、「情報収集」することが第一歩です。実際に「受講してみたけど、イメージしていた内容と違って辞めたい」「講座をキャンセルしたい」といった声も様々なサイトで見受けられます。

このような事を避けるために、まずは各通信教育・スクールの案内資料を取り寄せて、じっくり比較検討をしてみると良いでしょう。案内資料は各社無料で配布しており、誰でも手に入れることが可能です。
案内資料には資格がどのようなものか、どういう方にオススメなのか、また資格に挑戦する上での勉強法・学習スケジュール…等、有益な情報が豊富に掲載されています。

例えば「Brush UP!学び」という資格ポータルサイトを活用すれば、「ヒューマンアカデミー」「ユーキャン」「ニチイ」「TAC」「LEC」など、大手教育会社の案内資料を一括で取寄せることができます。まずはサイトをチェックしてみてください。

■Brush UP!学び
http://www.brush-up.jp/Brush UP!学び

 - 資格合格コラム