資格合格コラム|暗記のために、ゴールデンタイムを上手に活用する | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

資格合格コラム|暗記のために、ゴールデンタイムを上手に活用する

資格合格コラム|暗記のために、ゴールデンタイムを上手に活用する

できれば楽に大量の知識を覚えたい!資格の試験に挑戦する方なら誰だってそう思います。

昔から、暗記の方法については「これが良い」という方法がたくさんありました。

・書いて覚える
・イメージで覚える
・ゴロ合わせ

などです。ただ、どの方法も合う合わない、一長一短があります。今回は方法そのものではなく、暗記に適した時間帯についてお伝えします。


最近よく言われるようになったことですが、「暗記モノは寝る前」にする。今や、記憶は睡眠中に整理され定着するというのは定説です。つまり、徹夜で学習するより寝た方が記憶の定着という面では優れているのです。

そして、脳のゴールデンタイムは、夜22時~翌朝2時の4時間、とも言われています。この時間に記憶が整理定着されるのです。

だから、暗記が必要なものはできるだけ夜22時まで、そして寝る直前にすることが効率がよいと言えます。逆に、考えたり発想したりするのは午前中がゴールデンタイムです。

夕方は、頭も体も疲れてくるので、テキストを読むなどの単調な学習よりも、問題演習のような緊張感のある学習の方がモチベーションも上がるでしょう。

これを、学習に応用すると、朝1時間早く起きて新しい単元や、疑問点の確認を行い、夕方問題演習をし、夜寝る前に暗記すべきことを集中して覚える、ということになります。

自分自身の学習ペースがつかめていない人は、思い切って上記のスケジュールに当てはめて学習してみましょう。そのうち、その人に合わせたオリジナルのペースが出来上がってきます。

早いうちに自分の学習のペースを確立してしまうのが、合格への一歩です。ペースが確立されると、「学習しないと気持ち悪い」となってきて、いつの間にか毎日学習することが当たり前になってきます。

スポンサーリンク

広告

資格の取得を目指す方へのキャンペーン・耳より情報

資格合格コラム|暗記のために、ゴールデンタイムを上手に活用する

通信講座に申し込むなら、「教育訓練給付制度」を活用しよう!

教育訓練給付制度とは、厚生労働大臣の指定する講座を受講し修了した場合、支払った学費のうち20%(最大10万円)が支給される制度です。
通信講座の平均単価は5万円前後ですので、この制度を利用すれば1万円が国から給付金として支給されます。

例えば、ユーキャンなら30講座以上が給付制度の対象講座です。2015年には、約10万人の方がこの制度を利用し、受講しています。
まずは、気になる講座の無料案内資料を取り寄せてみてはいかがでしょうか。

教育訓練給付制度の詳細はこちら ≫

スポンサーリンク

広告

【資格・講座選びのコツ】情報収集も大きな一歩!

資格を取得したい!そのための通信・通学講座を受講してみたいけど、挫折せずに最後までやり遂げられるか不安…。という方も多いのではないのでしょうか。通信教育やスクールの講座を受講し始めることが、資格挑戦への第一歩ではありません。

まずはその資格が本当に目指したい資格なのか、また挑戦する上で自分に合った講座なのか、「情報収集」することが第一歩です。実際に「受講してみたけど、イメージしていた内容と違って辞めたい」「講座をキャンセルしたい」といった声も様々なサイトで見受けられます。

このような事を避けるために、まずは各通信教育・スクールの案内資料を取り寄せて、じっくり比較検討をしてみると良いでしょう。案内資料は各社無料で配布しており、誰でも手に入れることが可能です。
案内資料には資格がどのようなものか、どういう方にオススメなのか、また資格に挑戦する上での勉強法・学習スケジュール…等、有益な情報が豊富に掲載されています。

例えば「Brush UP!学び」という資格ポータルサイトを活用すれば、「ヒューマンアカデミー」「ユーキャン」「ニチイ」「TAC」「LEC」など、大手教育会社の案内資料を一括で取寄せることができます。まずはサイトをチェックしてみてください。

■Brush UP!学び
http://www.brush-up.jp/Brush UP!学び

 - 資格合格コラム