資格合格コラム|全ての学習範囲が終わっていなくても、模試は受験すべき。そして、徹底的に活用する。 | 資格チャレンジ.com

資格チャレンジ.com

資格取得のヒントはココに。資格の総合情報サイト

資格合格コラム|全ての学習範囲が終わっていなくても、模試は受験すべき。そして、徹底的に活用する。

資格合格コラム|全ての学習範囲が終わっていなくても、模試は受験すべき。そして、徹底的に活用する。

試験3ヶ月〜2ヶ月前になると、様々な受験機関の模試が始まります。模試は必ず受験しましょう。仮に、全ての学習範囲が終わっていなくても、模試は受けるべきです。試験の練習だと思って、一度は受けてください。

模試は、何点取れたかを気にするのではなく、

(1)本試験同様の環境・時間でどれくらい力が出せるか
(2)問題を理解して解いていたか
(3)弱点はどこか

を、知るために受験するものと思ってください。慣れた環境と試験の環境は全く違います。試験では周りに人がいることで、気が散ることや、緊張感が伝わってきて、落ち着かないことがあります。そういった環境に慣れるために、模試は自宅受験ではなく、会場受験にするのがオススメです。

また、模試を解くときには問題用紙の隅に、理解して解答できた問題には「○」、迷った問題には、「△」分らなかった問題には、「×」など、理解度を記載しながら解いていってください。そして、自己採点する際に、自分の認識通り解けていたかをチェックします。

ここで、あまり得点出来ていなくても、認識通りであればひとまずはOKです。危険なのは、理解できていたと思った問題を間違えることです。勘違いや、覚え違い、理解不足があるということの現れです。

このように、自分の認識とのずれを発見することで、勘違いなどでミスする問題を潰していくことができます。もしも合格点が取れたからといって、そこで満足してしまったり、間違えた問題だけを復習するような方法で模試を受けていると、試験で勘違いなどによるミスをすることになります。

模試の間違いは「これで試験では間違えなくてラッキー」と思いましょう。模試は活用次第で合格に直結する力になります。なので、「とにかく受験すること」これが大事です。

スポンサーリンク

広告

資格の取得を目指す方へのキャンペーン・耳より情報

資格合格コラム|全ての学習範囲が終わっていなくても、模試は受験すべき。そして、徹底的に活用する。

【お知らせ】キャンペーン実施中!受講料が最大35%OFF

全国平均の倍以上の合格率を誇る、通信講座の大手「フォーサイト」。今なら最大35%OFFで受講できます。期間限定のキャンペーンですので、このチャンスをお見逃しなく。

キャンペーンの詳細はこちら ≫ キャンペーンの詳細はこちら ≫

■フォーサイトの3つの特徴
・高い合格率
緻密に計算されたカリキュラムで、合格のための「効率的な学習」を提供してくれます。毎年高い合格率を維持しています。

・充実の教材
覚えやすく、思い出しやすいフルカラーテキストや、マンツーマン感覚で受講できる高品質の講義動画など充実。

・納得の低価格
教室を持たず、必要以上の講師を抱えていません。通信講座の特性を活かし、手ごろな値段を実現しています。

■講座一覧
行政書士、社会保険労務士、宅建士、ファイナンシャルプランナー(FP)、簿記2級・3級、マンション管理士、管理業務主任者、カラーコーディネーター、色彩検定、ITパスポート、通関士、旅行業務取扱管理者

スポンサーリンク

広告

【資格・講座選びのコツ】情報収集も大きな一歩!

資格を取得したい!そのための通信・通学講座を受講してみたいけど、挫折せずに最後までやり遂げられるか不安…。という方も多いのではないのでしょうか。通信教育やスクールの講座を受講し始めることが、資格挑戦への第一歩ではありません。

まずはその資格が本当に目指したい資格なのか、また挑戦する上で自分に合った講座なのか、「情報収集」することが第一歩です。実際に「受講してみたけど、イメージしていた内容と違って辞めたい」「講座をキャンセルしたい」といった声も様々なサイトで見受けられます。

このような事を避けるために、まずは各通信教育・スクールの案内資料を取り寄せて、じっくり比較検討をしてみると良いでしょう。案内資料は各社無料で配布しており、誰でも手に入れることが可能です。
案内資料には資格がどのようなものか、どういう方にオススメなのか、また資格に挑戦する上での勉強法・学習スケジュール…等、有益な情報が豊富に掲載されています。

例えば「Brush UP!学び」という資格ポータルサイトを活用すれば、「ヒューマンアカデミー」「ユーキャン」「ニチイ」「TAC」「LEC」など、大手教育会社の案内資料を一括で取寄せることができます。まずはサイトをチェックしてみてください。

■Brush UP!学び
http://www.brush-up.jp/Brush UP!学び

 - 資格合格コラム